忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

私を空にして下さい

この一年間というもの、主が私に教えられた学課はただ一つ、「あなたには何もできません」、ということだけであった。

主は私を見捨てておられない。そのことは、日々、与えられる恵みを通して、はっきりと分かる。貧しさの中にも、どれほどの豊かさを主は届けて下さったろ う。日々の糧に困ったことは一度もないし、頼るべき知人も、わずかしかいないというのに、困り果てた時には、いつも、必要な助け手がどこからともなく現 れ、誰もそばにいない時には、必ず、主ご自身が、私のために解決となって下さった。

だから、本当の絶体絶命には、一度も、たどり着いていない。けれども、私が自分で作った計画表は、ことごとく、廃棄されなければならなかった。自分が何も できない人間であるということを、日々、思い知らされるのは、苦しい。生活が思いのままにならないだけでなく、特に、主に従うことのできない自分、主の御 心に反することをし続けて、失敗を重ねている自分を発見するのは、つらかった。偽りと欺きに満ちた世に巻き込まれ、容赦なく投げ倒され、苦しまぎれに、抗 議の声を上げないでいることも難しかった。

人生を主にお捧げしますと、心から告白したその日から、どんな前進があっただろうか。あるのは後退、無力、窮乏、弱さだけであり、それに加えて、以前には 持っていたはずの、生まれつきの能力までが、ことごとく尽きて行った。良かれと思った計画の全てが徒労に終わっただけでなく、今では、まるで歩くのもやっ との病人のように、当たり前の事柄にさえ、つまずいている。

ついに、善悪を識別する能力さえ、私から取られようとしている。

「あなたはもう何もしなくてよろしい。なぜなら、あなたには元々何もできないからです」

そんな主の御声が、耳に聞こえて来るかのようだ。なのに、私はまだそこでじたばたしている。どうして?こんなに一生懸命にやっているのに、なぜ何も成就しないの?

「物事が上手くいかないのがなぜか分かりますか。あなたの手の中に計画が溢れすぎているからです。私の働く余地はありません」

「でも、主よ、怖いのです。もしも考えることをやめてしまったら、大変なことになりませんか。手立てを打たなかったら、どうなるというのです? 善悪を識 別し、自分で判断することをやめたら、より一層、欺かれはしませんか? 流されるままに、暗闇に落ちて行くのではありませんか?」

それでも、状況は有無を言わさない。計画という計画が頓挫した今、それでもまだ自分の思考力を信用することほど、愚かなことがあろうか。最近、何かもっと もらしいことを言おうとすると、力が抜けて、言葉が出て来なくなるようになった。御言葉を引用して、正しいことを語るのも、ひどく億劫になった。世間で沸 騰している議論のどれ一つにも、関心が持てない。私の知性は破壊され、何やら、愚かさの極みのようなところへ導かれている。

憐みに満ちた我が主。世の荒波に容赦なくもまれ、全ての望みと計画が失敗に終わり、悔しさに唇を噛みしめ、疲れ果ててよろめきながら、ただこのお方のうちに駆け込む。

「私はずっとあなたが力尽きるのを待っているのです。私が光なのです。あなたの知性に光はないのです。暗闇に巻き込まれず、目を覚ましているために必要な のは、私のもとに来ることです。あなたが自分で考える必要はありません。私に聞きなさい。私が解決なのです。私のもとに来なさい。私が命なのです。あなた の全てを支配しているのが、私であることを認め、全ての道で、私を認めなさい。たとえ失敗の最中であろうと、裏切られている最中であろうと、騙されている 最中であろうと、嘲弄されている最中であろうと、私を認めなさい。どんなに知識を集めてみても、あなたは自分の努力によって、自分を救えません。どんなに 試行錯誤を重ねても、あなたが達成できることは、何一つありません。あなたの善悪の識別能力に、あなたを生かす力はないのです。私に任せなさい。ただ私だ けが、あなたを生かすのです。それを学ぶまで、あなたにはただ失敗しかありません」

「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは 柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのく びきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11:28-30)

絶望するには、まだ重荷が少なすぎて、私はそれでも自分の足で歩こうとしているのだろう。呪われた私の生まれながらの命よ! いつまで試行錯誤を続けるの か! おまえにできることは何もない、その答えに本当に甘んじるまで、あとどのくらい時間が必要なのか。しかし、日々、弱められ、日々、力尽き、毎朝、自 分の計画表が差し戻されるのに抗うこともできず、どんなに強情な人間でも、これが偶然でないことくらい、そろそろ、分かっても良い頃だ。

私は自分の冠を投げ捨て、ただ主を拝します。私が完全に無用の器であることを、どうか私が認めますように! 主よ、空っぽになった私を、あなたがお受け取 り下さり、御心で満たして下さいますように。大祭司なる主イエスよ、あなたの命の中に隠れ、あなたの御手の下に、我が身を横たえます。
PR

愛は全てを完全に結ぶ帯

「これらいっさいのものの上に、愛を加えなさい。愛は、すべてを完全に結ぶ帯である。 」(コロサイ3:14)

愛はちょうど水のようだ。ひたすら低い方へ向かって流れることを使命とし、欠けや穴ぼこを見つけると、それがどんな形であろうと、すぐさま、開いた隙間に入り込み、それを浸し、潤してしまう。

水が全ての穴を平らに満たすように、愛は、欠けを見つける度に、喜びに溢れてそこを満たす。でこぼこであろうと、とげとげであろうと、ぎざぎざであろうと、欠けを満たすことこそ、愛の最も得意とすることなのだ。

ぎざぎざやでこぼこは、人に最も嫌われるものだ。硬いものと硬いものとがぶつかると、より一層、欠けがひどくなる。だが、愛は、柔軟であり、目に見える形 がどんなに脅威的であろうとも、形に脅かされることがない。むしろ、人の恐れるどんな欠乏や貧しさに向かってでも、愛は、何の恐れも、ためらいもなく、喜 びに満ちて進みゆく。欠乏を満たすことは、愛にとって、この上ない喜びなのだ。

愛は全ての欠乏にぴたりとはまりこみ、全てのひび割れと溝にまで浸み通り、乾いた地を潤す。愛はぶつかり合うことがなく、ひび割れや溝をさえ、いたわりをもって満たすので、溝は愛によって傷つけられることがなく、また溝が愛を傷つけることもない。

私たち人間は、ぎざぎざとでこぼこを恐れ、隠しながら生きている。自分のぎざぎざが、乱暴な扱いによって、さらにぎざぎざにされることを嫌って、傷を医者 に診せることさえ嫌がっている。私たちは何とかして病人ではなく、完全な者として神と人との前に立ちたいのである。それが私たちのプライドである。だが主 は、全ての欠乏をいたわりを持って満たそうとして、溢れる愛を両手に、私たちが心を開いて、彼の患者となる時を待っておられる。私たちに必要なのは、主イ エスは私たちの欠乏を愛で満たすことができると信じる信仰、そして、自分は癒しを待っている病人であり、患者であると認める正直さだ。

愛の使命は満たすことであり、欠けた器の使命は満たされることである。私たちが、自分の心の欠けが、神の愛によって満たされる必要があることを正直に認 め、それを受けたいと率直に願い求め、彼の癒しの御手の下に、へりくだって自分を患者としさえするなら、私たちの心の欠乏は、満たされ、喜びに溢れた物語 へと変わり、もはや傷つけ、傷つけられるだけの悲劇の物語とはならないだろう。

主は人の心を取り扱うにあたって、驚異的なまでの憐みといたわりに満ちておられる。彼の手に負えない病はない。むしろ、私たちの欠乏や病や弱さが、主の愛 を受けるに必要な土壌となるのである。私たちの弱さが、私たちを主の御許に連れて行くのである。主のなさることの不思議さに、日々、言葉がない。

バアルにひざをかがめない七千人

私の内には、主をお喜ばせできるものは、何もない。主が下さらなければ、私には主を愛する愛もなければ、兄弟姉妹を愛する愛もない。

誤解されても、罪定めされても、たった一人で、主の義の側に立ち続ける勇気など、私にはない。私も罪人の一人であり、弱い人間に過ぎないのに、どうして私が主の義を擁護して立てるだろうか。これ以上、罪定めされるのも、誤解されるのも、孤立するのも、嫌です…。私の人生は、もはや、私の手には負えません…。

苦しみの中で、主に叫び求めると、主からの応答があった。絶望に飲まれてしまうのかと思いきや、かえって、どしゃぶりの雨のように、洪水のように、主の愛が降って来た。

エリヤは洞穴に隠れて主に祈った、

「わたしは万軍の神、主のために非常に熱心でありました。イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、刀をもってあなたの預言者たちを殺したのです。ただわたしだけ残りましたが、彼らはわたしの命を取ろうとしています」

主は彼に答えられた、

「…わたしはイスラエルのうちに七千人を残すであろう。皆バアルにひざをかがめず、それに口づけしない者である」(列王記上19:9-18)

疑いに満ちて、くじけそうになる私の心に、雨のように主の愛が降り注ぐ。主はご自分に忠実な人々を通して、いつでも、慰めの言葉を届けて下さるのだと分かった。こうして、私を勇気づけて、主の愛に触れさせてくださる神の憐れみは、何と深いのだろう。

弱りきってはいけない。一人だと思ってはいけない。主の軍隊に不足はない。たとえ多くの人が沈黙し、あるいは倒れたように見える時でも、主はご自分を心から愛する人たちを、いつでも用意しておられるのだ!

シオンのために黙せず

「わたしは高く、聖なる所に住み、
 また心砕けて、へりくだる者と共に住み、
 へりくだる者の霊をいかし、
 砕けたる者の心をいかす。
 
 わたしはかぎりなく争わない、
 また絶えず怒らない。
 霊はわたしから出、
 いのちの息はわたしがつくったからだ。」(イザヤ57:15-16)

「シオンの義が
 朝日の輝きのようにあらわれいで、
 エルサレムの救が燃えるたいまつの様になるまで、
 わたしはシオンのために黙せず、
 エルサレムのために休まない。

 もろもろの国はあなたの義を見、
 もろもろの王は皆あなたの栄えを見る。
 そして、あなたは主の口が定められる
 新しい名をもってとなえられる。
 また、あなたは主の手にある麗しい冠となり、
 あなたは神の手にある王の冠となる。」(イザヤ62:1-3)

見えるものによらず

主を愛し、主を知りたいと願うほどに、それ以外のものに、興味がわかなくなっていく。似て非なる教えの糾弾、とかいう作業に没頭していたこともあったが、今では、それにも興味がわかない。

目に見えるものに、すぐに頼ろうとする私は、その弱く、不信仰な心のゆえに、何度、主の御姿を見失って、水に溺れかけただろう! 何度、見えるものの中に、主の御姿を見出そうとして失敗して来ただろう!

欺きは、初めは、私の幼さと愚かさに合わせてやって来た。その後、次第に、私の信仰の成長に応じて、少しばかり、高尚そうに、姿を変えた。だが、紳士の姿であろうと、物乞いの姿であろうと、やはり欺きは欺きだったのだ!

それら全てが100%嘘であったと言うわけではない。それが私の信仰生活の重要な通過点だったことは、確かである。しかし、私はいつも、自分の内なるキリ スト以外のどこかに、自分以外のどこかに、主の御教えを探そうとしていた。主に出会い、主を知ったその後でさえも、感覚を満たしてくれるものの中に主を探 そうとしたり、兄弟姉妹との交わりの中に主を探そうとしたり、現在の自分に、何か足りないものを補うために、さらに高尚で深く霊的な教えを求めなければな らない、という考えに駆り立てられたりして、真の命を、偽りの命に取り替えようとしたのだった。

内なるキリストがおられ、彼が私に全てを供給してくれようと、十分な恵みを携えて準備なさっておられるのに、そこに全てを補って余りある恵みがあるとは信 じられず、世界中で、誰よりも、最高の権威を持ったお方が、私に給仕して下さろうと備えて下さった食卓をあえて蹴ってでも、私は単純な静けさの中で、御霊 によって教えられることに、物足りなさと、寂しさを感じて、主を退けて、目に見える食卓の方に駆けつけて来たのだった。

そのような私の姿は、「ここにキリストがいる、ほら、あそこに」と言われれば、すぐに着いて行こうとするクリスチャンも、同然であった。敵が私の注意を引 くためには、すぐには手に入りそうにない、深遠で霊的な書物や、その手ほどきをしてくれる優しいクリスチャン、幾人かの兄弟姉妹の集う、奥義的な雰囲気を 漂わせる、秘めやかな交わりがあれば、十分だった。内なるキリストの臨在から、私を引き離すためには、大した舞台装置は要らなかった。

だが、柔和で謙遜な姿でやって来て、私の五感に巧みに訴えかけて、私の期待を誘った見えるものとその教えは、結局、やがて、とてつもない傲岸さと、尊大さ をあらわにして、それ自体が、審判者になり代わったのだった。見えるものそれ自体が、「キリスト」ご自身であるかのように振る舞い、ついにキリストをさえ 名乗り始めた。そこでは、十字架が語られていたのに、人の自己が真に十字架につけられていなかった。霊的な教えが、目に見える人間の権威を強化するために 利用されていた。真理と偽りが混在していた。罪の告白もなければ、悔い改めも欠如していた。敵陣の只中で私は欺かれ、失意のどん底に突き落とされ、そう なってからは、誰に何を訴えても、後の祭りであった。

ああ、欺きの深さと、終わりのなさよ! 人知ではどうやって見えるものの欺きから逃れられよう。世の中全体が、何かしら、巨大な詐欺のるつぼのようなもの に変わりつつある現在、見えるもの全てが、嘘と思っても、差し支えない現在、この世という、嘘によって築き上げられた体系を覆う、絶望的な暗闇の中で、た だ一つ、確かに輝く光は、私の罪のために、身代わりとなって、十字架で死なれ、復活された主!

主を通してのみ、私はこの世の偽りから救われる。主以外のどんな権威を通しても、私は偽りから救い出されることはできない。魅力的に見える多くのもの、人 の賞賛を受けているものに、何と多くの欺きが隠されていることか。高尚な教えを説く人が、私を救うのか。兄弟姉妹が、私を救うのか。書物が、私を救うの か。人から受ける名誉と評判が、私を救うのか。それとも、私の義が私を救うのか。

私の魂よ、思い出せ、私をエジプトの虐げと死の淵から救い出し、命の中に置いて下さったのは誰だったのか。死の惨めさから、命の豊かさへと、連れ出して下 さった方は誰だったのか。私の消えるはずのない罪を血によってすすぎ、義の衣を着せて立たせて下さった、そのお方は誰だったのか。この先にも、私が御心に 従って歩むために、必要の全てを、永遠の十字架を通して、余りあるほどに備えて下さったのは誰なのか。

にも関わらず、私の魂よ、なぜ主を捨てるのか。なぜおまえは、いつもきらびやかで奥義的で秘めやかな、自分をさらに高めてくれそうなものに心誘われるの か。なぜ、最も謙虚で、最も貧しさを知っておられ、最も穏やかで、最も柔和で、最も弱さを知り、最もへりくだったお方に、満足していられないのか。なぜ魂 をかきたてる情感と、知性を満足させる死んだ文字と、目を楽しませる刺激を求めてやまないのか。主が最も謙遜であられ、侮られても沈黙しておられるがゆえ に、私は彼を軽んじているのだ。それは私の罪である! 主を軽んじた代償は、私の魂に重い。それでも、私が打ち砕かれ、弱くされ、へりくだらされ、うめき の中で主に叫び求める時、主は驚くばかりの愛と憐れみを持って、私を救われる。私が自分自身を頼らず、ただ主を頼りさえするなら、主の救いはいつも速い。

「わたしは主である。
 わたしのほかに神はない、ひとりもいない。
 あなたがわたしを知らなくても、
 わたしはあなたを強くする。
 これは日の出る方から、また西の方から、
 人々がわたしのほかに神のないことを
 知るようになるためである。
 わたしは主である、わたしのほかに神はない。
 わたしは光をつくり、また暗きを創造し、
 繁栄をつくり、またわざわいを創造する。
 わたしは主である、
 すべてこれらの事をなす者である。」(イザヤ45:5-7)


偽りに心誘われ、主の臨在から引き離されることの苦い代償を知るごとに、私の中には、次第に、見えるものに頼ろうとする心がなくなっていく。

「信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉で造られたのであり、したがって、見えるものは現れているものから出てきたのでないことを、悟るのである。」(ヘブル11:3)

見えない神の愛にとどまり、神の愛の中に住み、神の愛をさらに知ろうと努めること、それ以上に、大切なものが、何か他にあるだろうか? 地上の一切の心惹 かれるものから目を背け、ただ主だけに一心に心を向けて、主を愛そうと努めること以上に、重要なことがあるだろうか? 主を否定することは、全てを否定す ることに等しい。万物の主権者は神である。その神を退けて、私たちは目に見えるどんな良きものも手に入れることはできない。私の脱線と失敗ゆえに、時間が 遅延しており、来るべき報いを失っていることを考えると、やるせなさと恥ずかしさを感じずにいられないが、それでも、目に見えるものに欺かれるという痛み を伴う学課も、主が私に与えられた最善の教訓であったのだと信じよう。

主を賛美します。主イエス・キリスト、このお方こそが、私の救い主です。私には全く希望がないけれども、彼こそは、希望の全てです。彼は私の弱さと愚かさ を知っておられます。そして私の弱さに同情して下さいます。このお方が、私の内に住んで下さり、私に代わって命となって下さり、私を教え、導き、守って下 さる、その事実に立ち戻り、しがみつきます。主よ、どうか、これ以上、目に見えるものに私が頼らないように、どうか、まことの命なる主ご自身を、もっと深 く知ることができますように、この地上で与えられている時間を、これ以上、益にならないもののために無駄にせず、神と共に生きられるよう、私を教えて下さ い。

「どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示との霊をあなたがたに賜って神を認 めさせ、あなたがたの心の目を明らかにして下さるように、そして、あなたがたが神に召されていだいている望みがどんなものであるか、聖徒たちがつぐべき神 の国がいかに栄光に富んだものであるか、また、神の力強い活動によって働く力が、わたしたち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなたがたが知 るに至るようにと、祈っている。」(エペソ1:17-19)

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー