忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主の御名の中に集まる二、三人

見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、
なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。
それは頭の上にそそがれたとうとい油のようだ。
それはひげに、アロンのひげに流れて
その衣のえりにまで流れしたたる。
それはまたシオンの山々におりる
ヘルモンの露にも似ている。
主がそこに
とこしえのいのちの祝福を命じられたからである。

(詩篇第133編)


PR

主が共にいて下さる交わり

  「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、 わたしもその中にいるのである。」 (マタイ18:20)

様々な集会を巡り、そこに地上的な組織や団体しか見いだせず、離れることになったとしても、それでも、そこに全く信仰がないわけではない、ということを常に知らされて来た。

たとえ人間のリーダーにつき従っており、さまざまな誤った教えを導入していたとしても、その団体の中にいる信者に、100%信仰がない、というわけではないのだ。

信仰がある限り、そこには主の御業も起きる。だから、そのような集会や交わりを通過する中で、筆者が学んだことは多く、そこで確かに主の御業だと思われることを、信者の交わりを通して見て来たこともあった。

だが、人間の作った組織に束縛されればされるほど、霊的搾取の原則が働いて、信仰の現れは制限を受けるだろうと筆者は考えている。

これまでに筆者に最も有益だと感じられた交わりは、礼拝という枠組みの中でなく、賛美を歌うでもなく、聖書を朗読するでもなく、ただ信者と共に神について語り合いながら、各地を散策し、楽しんだ思い出である。

日曜礼拝に出席するのではなく、偉い先生の説教を聞くでもなく、動物園に行ったり、山を歩いたり、美味しいものを食べたりしながら、休日を、のんびり楽しんだ。

だが、そこに神が共におられた。私たちは休日を楽しむことだけを目的に集ったのではなく、誰よりも神を中心として、我々は交わり、語らったのである。だから、何を見ても、何をするに当たっても、ひたすら神の素晴らしさについて語り合いながら、神の御業に驚嘆し、神を誉めたたえていた。その喜びや感嘆はまことに自然に生まれて来るものであった。

そうした自然な交わり以上のものは、決してどんな集会でも得られたことがない。人工的な計画のもとに開かれる集会、祈祷会、聖書の朗読会、などは数知れず見て来たが、そのような場所で、上記のような自然な交わりに溢れる喜びと恵みに類するものを見たことはない。

交わりというものは、本来、極めて個人的な、秘められたものであるべきと思う。

親しい恋人との念願の邂逅を、一体誰が、赤の他人と分かち合おうと思うだろうか? 自慢話として人に語ることさえしないであろう。

そこにある愛と交わりが特別なものだからこそ、それは一般公開し、誰とでも分かち合えるようなものではないのだ。

それは神が相手であっても同じなのではないかと思う。いや、神が相手であればこそ、なおのことそうなのではないか。神を中心とする、二、三人の信徒の交わり、これは、決して一般に公開して参加者を募るような種類のものではないように思う。

大規模集会を開いて、たくさんの回心者を出すために、未信者を招き、集団で祈り、集団で説教に耳を傾け、集団で聖書を朗読し…、みなが同じような椅子に座って、同じ言葉を唱え、同じ行動をし…。そういうものは、礼拝でもなければ、交わりでもない。

むろん、舞台装置による演出はあるので、何がしかの感動はあるかも知れない。だが、それは信仰によるものではないのだ。だから、結局、そういう場所へは、行けば行くほどに、最後には不自然で場違いな印象だけが残るのである。

主イエスがサマリヤの女に出会って、真の礼拝について語られた時、その場所には、主イエスとサマリヤの女しかいなかった。そして、その場所は、この世において居場所を見いだせなかった女が、人目を避けて、水汲みにやって来た井戸であった。そこには、先祖たちが神を礼拝した山があり、他方、エルサレムはいつも参拝客に事欠かなかった。それでも、主イエスは「この山でも、エルサレムでもなく…」と言われたのである。

真の礼拝、真の交わり、それは神に知られていさえすれば、それで良い。神さえそれを知っていて下さり、その只中にいて下さるならば、人に対して、世に対して開かれている必要は全くないと思わずにいられない。
 

Emi姉妹のこと(3)

その当時、きっと誰もが、私は故郷を発って後、すぐに兄弟姉妹のもとへ飛んで行くと想像したことでしょう。そして、私自身もそう願っていました。どれほどこの交わりが私にとって輝いて見え、心のよりどころとなったことでしょう。

しかし、実際には、交わりに私が足を踏み入れるまで、それから半年間の空白期間を要したのです。この空白期間については、今ここで語る心の準備がありません。私はこのことについて、もっと深い反省と学びが必要であると感じています。

しかし、いずれにせよ、多くの時を経て、Emi姉妹が願われたことがついに実現しました。Emiさんとさっちゃんと私は、それから約半年後に、初めて、3 人で顔を合わせたのです。それは、Emiさんが死を迎えられた病院での出会いでした。しかし、その時が、主が私のために定められた時でした。限られた条件 の中、主の憐れみにより、最大の祝福を、私は受け取らせていただいたと確信しています。

その時、私たちは互いに語りたいことを語って満足するために会ったのではありませんでした。また、団体のメンバーとして出会ったわけでもありません。私た ちは、ただ主をあがめるために、主によって、そこに集められたのです。神は、私の失敗さえも見越した上で、私たちのために最善の時を備えられたと信じま す。時に、私たちの目の前で起こっていることは、最善からはほど遠いように感じられますが、しかし、主の観点から見て、何より大切なのはただ一つ、そこに 本当に主イエスの十字架が刻印されているのかどうかなのです。

Emi姉妹が十字架を負って、自分の力をますます手放して無力となっていかれた時、そこに彼女ではなくキリストが生きられたのです。最も無力を味わった人 だけが、弱い人をおびやかさず、臆病な人に恐れを与えずにいられます。私は姉妹の弱さの中に働かれたキリストによって、姉妹に近づくことができたのだと 思っています。ついに、彼女の地上での見える姿は取り去られました。しかし、主にあってとこしえの朽ちない命を生きる限り、私たちは一つであり、引き離さ れることはないと私は信じます。私が地上で多くの時をロスしたにも関わらず、それでも、キリスト者の「一つ」は、それによって破られることはなかったので す。ですから、私はいつまでも悲しむことはありません。

キリスト者には、地上のいかなる絆をも超えるほどの、絶大な特権的な絆が与えられています。地上では、どんなに愛し合っている家族も、夫婦も、引き離され たり、別れたりしますが、天においては、キリスト者は神のものとされており、永遠に一つなのであり、十字架で死をも打ち破ったキリストによって結び合わさ れている私たちは、どんな力によっても、二度と引き離されないのです。

どうかEmi姉妹のご家族に、慰め主であられる神の慈しみと、憐れみが、豊かに注がれますように。姉妹のご家族が、私たちに地上で姉妹に別れを告げる機会を備えてくださったその労に感謝いたします。

「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、 高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことは できないのです。 」(ローマの信徒への手紙 第八章38-39節)

「ですから、だれも人間を誇ってはなりません。すべては、あなたがたのものです。 パウロもアポロもケファも、世界も生も死も、今起こっていることも将来起こることも。一切はあなたがたのもの、 あなたがたはキリストのもの、キリストは神のものなのです。」 (コリントの信徒への手紙一 第三章21-23節)


(2016年追記:

もうこの姉妹の死から随分な月日が経って、あえて沈黙している必要もないと感じるので、率直に、当時のことについて追記しておきたい。

他の記事でも書いたが、Emi姉妹は、様々な能力のある人で、英語力などを活かして、長らくKFCで「奉仕」に当たっていたが、病床にあって最後のひと時に、KFCを離れ、この団体と霊的に完全に訣別したものと筆者は理解している。

そう理解するのは、この死の前の最後のひと時に姉妹を訪れたKFCの「兄弟姉妹」が、挨拶もそこそこに不愛想に追い返されるも同然に帰って来た、という話を聞いたからである。そして、もしそれが本当ならば、それは大変、良いことであったと筆者は考えている。

この姉妹から筆者が初めて手紙をもらったのは、筆者がまだ横浜に来る直前のことであり、その当時、筆者はKFCの内情を全く知らなかったが、その手紙をもらったことを機に、KFCという団体に深刻な疑念を持ち、姉妹に会うことにも、一種の躊躇を感じたのは事実であった。

何しろ、横浜に来ようとしている計画を、筆者は誰にも具体的に打ち明けていなかったにも関わらず、見知らぬ姉妹から、筆者がKFCに関わろうとしていることを確信するような内容の連絡をもらったのである。そのような手紙をあえて姉妹が書いた動機を、筆者は非常にいぶかしく思った。

筆者特有の直観で、「これは行状偵察だ」ということを感じたのである。つまり、KFCの縄張りに新たに足を踏み入れようとしている人間、特に、Dr.Lukeに近づいて来ようとしている人間に対する一種の身体検査である、と感じられた。
 
その手紙の存在から、Dr.Lukeを中心として、まるでファンクラブのような信者のサークルが存在し、何かしら「縄張り」のようなものがあり、同時に、争いもあることを筆者は確信した。そして、そのようなものに巻き込まれることを筆者は嫌ったため、KFCには足を向けないことを決めたのである。

この姉妹は、その手紙を筆者に向けて書いた当時はまだ元気で、KFCでの奉仕活動も出来る状態だったので、おそらくはこの団体の中で一定の力を持っていたのではないかと思われる。

だが、筆者が横浜へ来て後、姉妹の手紙がきっかけとなって、KFCには近寄りもしなかった間に、KFCを離れた兄弟姉妹たちから、KFCの内情を赤裸々に聞かされることになった。そして、どれだけ多くの信者たちが、Dr.Lukeの虜にされて信仰の自由を失い、この団体がいかに危険であるかを説得されたのだが、同時に、この姉妹もまた、Dr.Lukeとその取り巻き連からさんざんな苦労を味わわされ、そこから離れるよう忠告されていたことを知ったのである。

Dr.Lukeとの霊的癒着が生じることを危惧した兄弟姉妹たちは、以前から、この姉妹に、Dr.Lukeとの関わりを断つように助言していた。だが、KFCの中にいた信者も、同じように助言していた。それは、能力のある一人の姉妹を、KFCから追い払って、彼女の占めていたKFC内の地位を奪うためである。

全くKFCという団体のどうしようもない性質がそこによく表れていると筆者は思うが、KFCの兄弟姉妹たちは、Dr.Lukeにどれほど近づけるかを競うために、いかにもこの姉妹のためであるかのように装って、Dr.Lukeから離れるよう彼女に助言していたのである。

だが、姉妹もまた、その必要性を感じていたようであり、同時に、病の進行と共に、以前のように生活が出来なくなっていく中、その心の深刻な悩みを受け止めることのできるような兄弟姉妹はKFCには誰一人いなかったので、結局、彼らの無理解のゆえにも、当然のなりゆきとして、この団体を離れざるを得なかったのである。

そのような二重性のある不誠実なKFCの兄弟姉妹のうちのある人が、姉妹がもう死の床についてから、見舞いに行ったが、半ば追い返されるも同然に帰って来たという話を、筆者は最近になって、当時を知る人から聞かされた。

筆者は、この姉妹が死の床に着いた話をネット上で知ってから、彼女に会いに行かねばと思い立ってKFCを訪れた。本当は、KFCを訪れるべきではなかったのかも知れないが、しかし、少なくとも、この姉妹に会ったことを後悔する気持ちは筆者にはない。
 
姉妹の存命中に、二度ほど面会した際に、筆者は、自分で姉妹の気持ちを確かめるために、あえてKFCとDr.Lukeの話を彼女に向けてみたことがあった。KFCが、毎回、毎回、礼拝で彼女の癒しのために祈り続けていることや、彼女の行っていた奉仕を引き継がないかという提案を、Dr.Lukeから筆者が受けた話も向けてみたのである。

だが、姉妹は全くその話には関心がないようで、自分がKFCでそんな奉仕をしていたということさえ忘れているのではないかと思うほど無関心であった。KFCに何かしらの未練を持っていると感じられるようなそぶりは一切見られなかった。

だから、今考えても、姉妹は、死の床で、KFCという団体の本性をはっきりと理解して、このようなものとは完全に訣別して、キリストご自身に直結しながら、天へ召されたのだと考えずにはいられないのである。

姉妹は有能な人であったが、それにも関わらず、姉妹の奉仕は、まるで「肉による善行」であるかのように、KFCの中で、全くありがたがられてはおらず、KFCに関わったことのある兄弟姉妹に何かしら話を聞いても、良好な反応がかえって来ることはほとんどなかった。

それは不思議ではない。何しろ、KFCという団体は、信者がDr.Lukeの周りの地位を巡って、絶えず張り合っていたからである。脚光を浴びる奉仕をすればするほど、憎まれるという結果になるのは避けられないのだった。ある例では、KFCの入っていた建物の玄関や階段を掃き掃除しただけで、「そんなことは必要ない!」と、罵倒されるも同然に、古参信者から叱られたという人もいたほどである。(本人が呆れ果てて筆者にその話を打ち明けた。)

筆者は姉妹の死後、この姉妹がKFCで行っていた奉仕を引き継ぐべきかどうか、KFCにいた「兄弟姉妹」に尋ねてみたが、まるで「そんな奉仕には何の価値もない」とでも言いたげな、否定的で冷たい反応が返って来たため、やはりそうであったのかと内情を理解し、Dr.Lukeに向かって直接、「あなたが私に提案された奉仕には、兄弟姉妹の誰一人賛成する者もなく、その奉仕が続行されるよう願っている人もいないようですので、兄弟姉妹の理解がないのに、私があえてそれを引き継ぐことは必要ないと判断します」と告げて断ったのであった。

Dr.Lukeは心外な様子ではあったが、ただ「そうですか」としか言わなかった。こうして同氏が信者に何かしらの奉仕を役割分担のように割り振ろうとしたのも、彼が理性でそれなりに計算して、信者がKFC内で手持無沙汰にならず、できるだけKFCから離れられないように仕向けていく方法であった、としか筆者には感じられない。同氏が悪意を込めて計算していたとまでは言わないが、だが、それは御霊の導きではなかったのである。だからこそ、そのような「奉仕」を引き受けると、それが結局、信者がこの団体に依存して行くきっかけになるのである。

筆者は、エクレシアにリーダーや、教師は要らないと確信しているが、エクレシアの建造のために、そんな風に、人工的な奉仕を信者に割り振る必要も全くない。御霊の働きはもっと自由で、人の思惑によって規定されず、制限もされないものである。
 
おそらく、上記の姉妹は、KFCを離れてから、そのようなKFCとは似ても似つかない、本当のエクレシアの姿を、人生の終わりの日には、仮におぼろげであったとしても、見ていたのではないかと想像する。)


Emi姉妹のこと(2)

まず、8月25日にEmi姉妹からいただいたメールです。

「ヴィオロンさま

<…>ご家族の間に起こったことを今拝見し、ただ主を畏れ、あがめます。祈っておりましたが、主が為さることは本当に予想がつきませんね。共に喜びに与かっています。


『私は祖父と二、三言、何気ない会話を交わし、それから、一体、この先、会話をどう運ぶべきか、どうやって本題が切り出されるのを阻止すべかを思い巡らそうとした。その時だった。

明確に主が私の内で語られたのだ。
あなたがやってはいけない。私がやるのだ」と。
私は心の中で応じた、はい、分かりました、私は何もしません、主よ、あなたが語って下さい、と。
それから、奇跡が起こった。』


これが、それ以降でヴィオロンさんが説明してくださっている主の十字架とは別の、私たちが負うべき十字架だと思います。

私たちがそれまでの魂の働きを止め、主にバトンタッチすること。私たちが休むことで、主が働くことが可能になります。主はいつでも働かれたいのですが、私たちの魂が働いている間はそれができないのですね。

毎日が、これを学ぶ学校のようです。人間の『自分で成したい、成さなければ』という衝動は、無意識の中にまで浸透しているので、簡単そうでなかなか簡単ではありません。

昨日は愛知県のさっちゃんと、これは一生終わらない課題だね、と話したばかりでした。主は、その人にあった場を用意してくださり、この十字架を教えてくださいますね。私の場合は病気がそうでした。

ヴィオロンさんへの主の備えと守りを共に見てゆけることを感謝します。闘病中ですのであまり大きなことはできませんが、それでも何かできることがあれば嬉 しく思います。最後になりましたが、私は静岡県在住のおばさんです。’95から’97までKFCに通って奏楽もやっておりました。The Way of the Spiritの日本での働きをルークさんから任されています。病気や何やらであまりはかどっていませんが…

すでに形成されている私たちの交わりには、いつでも心からwelcomeです。といっても、すでの主の御体の中でひとつですが^^ <…>

With prayers,」

さらに、8月31日、

「ヴィオロンさま

ブログを拝見しました。嬉しい展開になってきていることを想像しております。いつか、さっちゃんと3人で会いましょう。主の豊かな備えの中を歩まれますように。主と良き(補記:日々)を!」

Emi姉妹のこと(1)

Emi姉妹に出会わせていただいたことを、神に感謝します。

主にあって、兄弟姉妹は一つなのであり、そのうちに、区別などありません。なのに、たとえわずかな間にせよ、どの団体に属して生きるべきか、属さないで生きるべきか、などといった虚しい議論にそれたために、姉妹に出会うのが遅れてしまったことを、私は反省しています。

そこには、後からやって来た者特有の気後れ、という隠れた原因があったものと思います。私は、文章の中でこそ勇気ある人に見える時があるかも知れません が、実際には、すでに出来上がっている人間関係の中に、後から入っていくなど、考えるだけでも、恐れを感じます。

さらに、欠けだらけの自分の人生行路を振り返ると、誰かに紹介されるより前に、逃げ出したい思いに駆られます。小心者はいつも、何か理屈をつけては、知らない場所へ向かわなくてよい理由を探しています。

しかし、交わりの前で、ためらい、足踏みしていた私を、ごく自然に、兄弟姉妹に引き合わせて下さったのが、病床にあるEmi姉妹でした。姉妹の周りにいる と、私のペースではありえないほどに、次々と、自然に、人の輪が広がっていきました。それは、姉妹の賜物であったのか、あるいは奉仕だったのでしょう。

奉仕と言っても、Emi姉妹が完全にへりくだって弱さに甘んじておられたがゆえに、それは姉妹の奉仕だと気づかれることもなかったのです。私が出会った 時、Emi姉妹はすでに何の奉仕をする力もなくなって、ただ横になっておられました。そこへ私がお見舞いという形で、自分の有り余る力で、愚かな働きをし に行ったのです。しかし、実際には、そこで奉仕しておられたのは、Emi姉妹でした。

Emi姉妹からこれまでにいただいた二通のメールを紹介します。初めてメールをいただいたのは、主が私の人生に介在して下さり、死へ向かっていたかのよう に思われた私の運命が、はっきりと変えられた昨年8月25日直後のことです。(この時に私に何が起こったのかについては、「2009年8月25日の記事」をご参照ください。)
今から思うと、姉妹はその時、すでに、自分の人生に限りがあることを見据えた上で、私を招いて下さっていたのでしょう。

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー