忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

隠れたところに住まわれる神

神は何と矛盾に満ちた存在でしょう!

神は栄光をお受けになるのを好まれる方です。
神が何かをなさる時、全世界に向かって、
誇らしげに、堂々とご自身をあらわされます。
神が行った奇跡は、どれもこれも、
歴史的に語り継がれる、偉大な事件ばかりでした。

クリスチャンの口が、ことごとく主を賛美することを、
神は喜ばれます。
被造物に至るまで、生きとし生けるもの全ては、
神を誉めたたえているのです。

けれども、不思議なことは、それでもやっぱり、
神は「隠れたところに」お住まいになることです。
世間が大々的に注目するところに、
神はご自身をあらわされません。
人々が騒いで落ち着かないところに、神は現れてくださいません。

だから、神を求める人は、戸を閉じて、静かなところに行き、
誰も見ていないところで祈らなければなりません。
人に見捨てられ、失敗に途方に暮れ、
孤独や困難に涙し、自分の無力に絶望しながら、
「それでも、私は主を信じます」と告白する時、
そのような瞬間、
自分の祈りが確かに聞かれているという感覚を
人はあまり持つことはないでしょう。

あたかも、神にさえ、見捨てられているかのような沈黙があるでしょう。
しかし、そんな時こそ、神はじっとあなたに目を留めて、
その祈りを聞いておられると思うのです。

不思議なことに、私の心は信じることができます、
主はそのような試練の時の私の祈りを、
とても貴重なものとして受け取られ、
喜んでくださると信じることができるのです。

だから、私はハレルヤと言うことができるのです。

神は何と不思議なお方でしょう。
御声を出せば、全世界がうちふるえるほど力強いのに、
たった一輪の花をさえ、無駄に吹き飛ばすことがなく、
私のように傷つきやすく、臆病で、弱い生命を、
細やかな感性を持って世話して下さるのです。

このお方に、幼子が大人の手にすがるように、
私はすがりながら、生きていきたいのです。
私は信じたいのです、このお方の
私への変わらない愛の深さと、偽りのない誠実さを。

主の御名を誉めたたえます。
主の真実を誉めたたえます。

順境にあろうと、逆境にあろうと、
神様がこの先、どんな道を私の人生に敷いて下さっているのか、
ただ楽しみです。

それは、主よ、私があなたを信じているからです。
御心が地に成りますように。
PR

主の御名をたたえよ



神を喜ぶことは信者の力である。
人はとこしえに神を賛美するために造られた。

ハレルヤ。主の御名をほめたたえよ。
ほめたたえよ。主のしもべだち。
主の家で仕え、
私たちの神の大庭で仕える者よ。

ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。
主の御名にほめ歌を歌え。
その御名はいかにも麗しい。

まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、
イスラエルを選んで、ご自分の宝とされた。
まことに、私は知る。主は大いなる方、
私たちの主はすべての神々にまさっておられる。

主は望むところをことごとく行なわれる。
天で、地で、海で、またすべての淵で。
主は地の果てから、雲を上らせ、
雨のためにいなずまを造り、
その蔵から風を出される。

主はエジプトの初子を
人から獣にいたるまで打たれた。

エジプトよ。おまえのまっただ中に、
主はしるしと奇蹟を送られた。
パロとそのすべてのしもべらに。
主は多くの国々を打ち、
力ある王たちを殺された。

エモリ人の王シホン、バシャンの王オグ、
カナンのすべての王国を。
主は彼らの地を、相続の地とし、
御民イスラエルに相続の地として与えられた。

主よ。あなたの御名はとこしえまで、
主よ。あなたの呼び名は代々に及びます。
まことに、主はご自分の民をさばき、
そのしもべらをあわれまれます。

異邦の民の偶像は、銀や金で、
人の手のわざです。
口があっても語れず、
目があっても見えません。
耳があっても聞こえず、
また、その口には息がありません。
これを造る者も
これに信頼する者もみな、これと同じです。

イスラエルの家よ。主をほめたたえよ。
アロンの家よ。主をほめたたえよ。
レビの家よ。主をほめたたえよ。
主を恐れる者よ。主をほめたたえよ。
ほむべきかな。主。シオンにて。
エルサレムに住む方。
ハレルヤ。

(詩篇第135編)

冬の海へ…


 
キリストの思いを持って生きる、そのことを追求している。
人の思いが神に喜ばれるためには、キリストの思いが必要である。

人の心に去来する様々な恐れや不安が取り去られ、
御霊の平安が心を占めるように。

心が押し広げられ、重荷が取り去られて軽くなり、柔らかくされ、
弱った箇所には命が流し込まれ、
神の御心がどこにあるのか、何が神の喜ばれる事柄であるのか、
御霊によって、御心に照準を合わせることができるように。

主を誉めよ、我が魂よ。
生きる限り、主を誉め讃えよ。
感謝と賛美が魂からあふれ出て、乾いた地に慈雨のように染み込み、
緑の草地を生えさせるように、
どんな状況下でも、主への賛美が、人の魂を潤し、元気づけ、
新たな力を与えて、歩いて行くことができるように。

人の心が恋い慕うものが、常に神の御言葉でありますように。

「わたしは生きるかぎり、主にむかって歌い、
ながらえる間はわが神をほめ歌おう。
どうか、わたしの思いが主に喜ばれるように。
わたしは主によって喜ぶ。」(詩篇104:33-34)

私のハレルヤ

「わたしの霊は救主なる神をたたえます」(ルカ一・四七)。
 
 信者の霊がさまざまな出来事によって圧迫され、悲しみ、悩み、しいたげられている時、
 この霊を軽やかにはばたかせることができるのは、神への賛美以外にはない。

 たとえ何も喜ぶ状況が周りになくとも、
 神があなたについておられ、あなたを見守り、助けて下さり、
 あなたへの神の助けと、天の備えは十分であることを、
 まだはっきりと解決を目の前に見ていなくとも、
 宣言するのだ。 

 暗闇の勢力に向かって、キリストの勝利を告げ知らせるのだ。

 私の記憶に鮮明に刻みつけられるただ一つの言葉は、

 「私のハレルヤ」

 この優しい響き。
 心にしみわたる優しい言葉。
 
 暗闇の中に輝き渡るともし火のように、
 信者の口から出る賛美が、彼の心を引き上げ、救う。

 おお、ハレルヤ。主はすべての問題をすでに解決された。
 おお、ハレルヤ。カルバリで流された血潮が我らの罪を全て覆う。
 おお、ハレルヤ。カルバリの勝利は、我らの全ての問題を解決して余りある。

 神を誉め讃えよ、主は我々のために、すでに勝利を取られた。
 
 暗闇の中を歩く時、重荷によってひしがれる時、
 不安に圧倒され、おじ惑い、心がくじけそうになる時、
 私は神の勝利を高らかに宣言し、
 これと自分自身が一体であることを叫び、

 天地を統べ治めるただお一人の神が、我らの神であることを喜ぶ!

 ああ、永久になくなるな、私の心のハレルヤよ。
 私の霊はどんなに追いつめられても、
  決して絶えることなく、主よ、あなたへのハレルヤを歌い続けます!


 神よ、我らに今再び、あなたを賛美する力をお与え下さい。
 この混乱と圧迫に満ちた世にあって、
 悪魔が吠えたけるししのように勝ち誇っているように見える中にあって、
 
 あなたの勝利を確信し、高らかに歌う勇気をお与え下さい。
 我らを喜びの中に導き入れ、
 あなたを高らかに賛美する光栄をお与え下さい。

 エリコの城壁が崩れたように、
 我らの喜びと賛美の歌声の前に、
 告発者は退いて行くでしょう。
 
 主よ、そして我々は永遠にあなたの愛をたたえ、
 あなたの救いをたたえ、
 ただあなただけのものとして、
 あなたへの愛を歌い続けます。

 おお、ハレルヤ。
 たとえ周りを見回して、喜ぶべきことが一切、ないような時でも、
 あなたが我が救い、我が義、我が完全であることを確信し、
 すべての解決がすでに与えられていることを信じ、
 神がキリストを通して、私のためになして下さった一切を喜び、
 御業を我が事として誉めたたえます!

 だから、暗闇の中でも、絶望の中でも、涙の中でも、
 なくなるな、信者の口から生まれるハレルヤよ。

 みどり子よ、乳飲み子よ、やもめよ、みなし子よ、心貧しい者よ、
 主を誉めたたえよ!
 あなたがたはもう悲しみに暮れ、自分を貧しい者、寄る辺ない者と思うことをやめよ。
 あなたがほど、主にあって富んでいる者は他にないからだ。
 
 この世で強い者を辱められるために、弱い者を選び出された主の知恵を讃えよ。

 なくなるな、私のハレルヤ、いついつまでも。
  
 信者の心から、祈りと共に流れ出す賛美の歌が
 いついつまでも 天に向かって
 芳香のように立ち上りますように。

 それを聞いて、天の主なる神が、栄光を受け、満足されますように。

静まって神の時を待て

神を待ち望むことには、忍耐がいる。

神の備えて下さる解決は、人間の目に遅いように見える時がある。

だが、本当はそうではない。

遅いのは神でなく、人間の方である。

待つことができず、常に性急に動こうとする人間の理解が、
あまりにも遅くて、神のスピードに着いていけないだけなのだ。

だが、そのように忍耐が要求される時には、
主を喜びなさい。

主を喜び、賛美することは、激しい葛藤の中で、敵の圧迫を打ち破り、
戦いをすみやかに収束させる上で、有益である。

キリストの勝利を早急に引き寄せるためにも、有益である。

どんなに死の圧迫が自分を取り囲んでいるように見えても、
キリストの勝利は揺るがないものである。

だから、信者よ、賛美しなさい。
死の陰の谷を歩いているように見える時にも。

信仰の目で、緑の草原と、憩いの水際を見て、
主を喜びなさい。

神こそ、我らにとっての答えであり、解決である。

そして、神は常にあなたと共におられ、
あなたを見捨てず、
あなたのすべての必要に対して、答えとなって下さるからだ。

ただ何かあれやこれやの望みがかない、
状況が変わって自分に有利になることだけが解決なのではない。

神ご自身が、私たちにとっての永遠の解決であり、救いなのである。

だから、神を喜びなさい。

この救いをすでに私たちが得ており、
神が私たちと共にいて下さることこそ、私たちの勝利であることを、
何かの答えが出て、状況が変わるよりも前に、
全地の前で生きとし生ける者すべての前で大胆に告白しなさい。

それによって、暗闇を後退させることができる。
暗闇の軍勢にとっては、聖徒らの喜びのときの声ほど、
恐れの源となり、聞きたくないものはないのだ。

だから、神のみどり子よ、乳飲み子よ、
勇士のように胸を張って、大胆に構えなさい。
心を静めて、主を待ちなさい。

そして、主が働かれるために道を整えよ。

遅くなっても待っておれ。それは必ず来る。
神はあなたたちを忘れておられない。

だから、あなたたちが最も弱く追い詰められた瞬間に、
大胆に喜んで神を賛美せよ。
御名の権威を大胆に宣言せよ!
神の大能の御力と、はかりしれない御愛を
全地の前で高らかに誉めたたえよ!
  

冬の風情

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー