忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

キリストのよみがえりの命


私は思い出しています。深い淵をさまよいながら、主のよみがえりの命によって引き上げられた時のことを。私は思い出しています、孤独と絶望の中から、主が私を引き上げて、豊かな慰めを与えて下さった時のことを…。

善悪の路線をさまよう議論は、地をはいずるようで、何一つ私の関心を引かないのです。たとえ私を罪定めするために、サタンがどれほど火矢を放ったとしても、自分で自分を弁護して何になりましょう。神が義とされた聖徒たちを、再び罪定めするために、人々はあらゆる機会をとらえて彼を取り囲んで責めるかも知 れません。しかし、私はもはや自分を弁護しないで、ただ主のうちに隠れるのです。

主が私の乞食の服を脱がせ、私に新しい王族の衣装を着せてくれました。肉の父が私を迎えてくれるのと同じように、天の父が無条件に私を迎えてくれます。そ の愛によって赦され、生かされる幸いを知らされたのです…。それなのに、神が赦され、命を与えられた人間に対し、なぜ地上の人々は罪定めを繰り返し、互い を責め合って相身を滅ぼし合っているのでしょうか…。

私は主とともに十字架で死にました。ですから、サタンが火矢を放ったとしても、それはただ死体に向かって放たれているに過ぎないのです。何とむなしいこと でしょう。はげたかがついばむことのできるのは、生きた人間ではなく、死体だけなのです。何と不名誉なことでしょう。死体に痛みがあるでしょうか。死体が 怒りを覚えるでしょうか。死体が理不尽を感じるでしょうか。キリストと共に十字架につけられた人間に対し、死という、サタンのもたらす最大の損害をすでに こうむってはりつけにされた人間に対し、闇の軍勢の攻撃は何一つ意味をなさないのです。

私は信仰の小船に乗って、ヨルダン川を渡っています。主の約束を記した、見えない証書をいただいて…。

行く先はまだ分かりません。分かっていることは、十字架を通して、この世は私に対して死んだということです。私の過去だけでなく、現在の人間関係も、社会 的地位も、すべてが私に対して死んだのです。兄弟姉妹の交わりでさえもです(交わりと称して、実はそうでないものがどれくらい存在するでしょう)。

主よ、今、私が他のどんなことよりも求めているのは、地上の問題の解決ではなく、ただ上から新しく生まれること、日々、あなたによって新しく生まれるこ と、日々、あなたの復活の命の偉大さを知り、日々、新しい心を与えられ、主のよみがえりの命の領域に生きることなのです…。主のうちに絶えず身を避け、神 のうちに隠されて生きることなのです。

エクレシアとは、上から生まれたものであるはずです。地上のものはもう心からうんざりなのです。混ぜ物入りの福音、自己のパン種、互いの誉めそやし合い と、終わりのない罪定め…。そのようなものには、たださようならです! そのような偽りは、すでに自分が滅びに定められているのに、ただそれを知らないで 自分を誇っているに過ぎないのです。

キリストのまことのよみがえりの命! もしもそれがないなら、どんなに正しい行いをしても、それは無意味なのです。もしも、主の復活の命に基づかないな ら、私たちの全ての奉仕は永遠の実を結ばないのです。キリストの復活の命に堅く接ぎ合わされるためならば、何度でも、何度でも、アダムの死を通って構いま せん。ヨルダン川を渡って構わないのです。いや、きっとそこを通らなければならないのに違いありません。私たちは砕かれなければならないでしょう。あなた の御手によって粉のように挽かれ、陶器師の手にある粘土のようにまでなめらかにされねばならないのでしょう。

あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。(コロサイ3:3)

どうか御言葉が成就しますように! 私たちが自分の古き命に死んで、主のよみがえりの命を実際に知ることができますように!! 私たちの霊を取り囲んでい る分厚い魂に、大祭司なる主イエスのメスが入れられ、御霊がその裂け目から川となって流れ出ますように! 告白します、主の復活の命に関わることのほか は、もう何一つ要らないのです。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー