忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

栄光の御座、我らの希望

栄光の御座、いにしえよりの天
我らの聖所、
イスラエルの希望である主よ。

あなたを捨てる者は皆、辱めを受ける。
あなたを離れ去る者は
地下に行く者として記される。
生ける水の源である主を捨てたからだ。
(エレミヤ17:12-13)


高き天に座し、栄光に包まれるお方、
我らの生ける水の源である主よ、
私はただあなただけを愛し、
あなただけを拝します。

どうか私を捨てないで下さい。
私の心は地にある全ての人・物に勝って
あなただけを慕い求めます。
私の心があなたを離れることのないよう
しっかりと掌に私を刻んでください。

主よ、あなたのとこしえの御業を思います、
土より生まれ、土に帰るべきアダムの子孫から、
私をキリストにある新しい人として下さった
あなたの十字架の深い御業を思います。
罪の深みから命を捨てて私を購い出し、
私を自由として下さったあなたの御業を思います。

主よ、あなたは何と思慮に満ち、何と愛に満ち、
何と計り知れないご計画をお持ちなのでしょう。
あなたの私への愛は何と深いのでしょう、
私には全く理解が及びません。

しかし、それほどにまで、あなたが私を愛して下さった、
そのひたすらな愛の大きさのゆえに、
その犠牲の大きさのゆえに、
私はただただあなたの前に頭を垂れ、
額ずいてあなたを礼拝します。

主よ、あなたこそ、我が希望、
あなたこそ、我が必要の全てを備えて下さる方、
あなたこそ、生ける水の源、
万物を統べ治められる方、
全てにまして、誉めたたえられるべき方。

主よ、私はただあなただけに心を向けます、
どうか私の心があなたから離れることのないよう、
私の歩みを両側から支えて下さい、
前に、後ろに立って、私を守り、導いて下さい。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー