忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

営所の外に出て

主の言葉ゆえに、人に避けられ、笑われる身となったエレミヤを思う。
もちろん、私が預言者に自分をなぞらえることは、不遜なたとえだと思うが、
あれもこれも、主の御名のために生きることを決意していなかったら、
起こらなかったはずの出来事ばかりです。

主よ、最終責任者はあなたですよね?
すべてを正しく裁いてくださる方は、あなたですよね?

実家にて、祈る時を持った。
私にはあまり良くない予感がしています。
それは、今までにも、繰り返し言ってきたことなのですが、
クリスチャンには、これから厳しい時代が始まるだろうということです。
もしも、用心と警戒を怠るならば、
主の民であっても、きっと悪しき日に立ちおおせないかも知れません。
ですから、今こそ、本気でキリストの中にとどまるべき時です。
神の守りの中に身を避けるべき時です。

今、門の外で苦しみを受けられた主のことを思い出し、
私たちも営所の外へ出て、
辱めを受けることをいとわず、十字架を負おうではありませんか。

キリストと共なる死に、しっかりとどまりましょう。
世に対して死んでいる者を、この世の誰が攻撃できるのでしょう。

私たちは、しっかりと主の死に結びついていなければなりません。
たとえ暗闇の中を歩む時でも、
しっかりとキリストの死の中にとどまっているならば、
 キリストの復活の命も必ずそこに働くでしょう。

そして、すでに死は打ち破られ、命によって飲み込まれたことを固く信じるのです。
 
私の義ではなく、キリストを信ずる信仰による義が、
暗闇の中に、朝日のように輝き出る時を待ち望みつつ。

万軍の主よ、へりくだって心優しい小羊よ、
あなたのはかりしれない御力と、限りない優しさに憩います。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー