忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

十字架は全ての中心である(2)

以下は、オースチンスパークス著、祭壇(十字架)は全てを支配する、より引用。

ここにとても重要で決定的な真理があります。十字架が完全な寸法であるべき場所にある時、他のすべてのものは秩序づけられ、意義と価値を与えられるでしょう。これはどんなに強調しても強調しきれないと思います。

あまりにも多くの時、私たちは物事の外側、主の家の秩序、主の家の務め、主の家に関係する人々に関心を払っています。私たちはいつも外側から始めます。私たちは神の家の秩序を確立しようとしています。私たちは神の家の人々を正そうとしています。私たちが関心を持っているのは、第一に務め、第二に務めです。しかし、十字架が本当に完全な寸法であるべき場所にあるなら、こうしたことはみな実現するでしょう。

十字架があるべき場所にあるなら人々は正常でしょう。十字架があるべき場所にあるなら、務めは生き生きとしているでしょう。十字架があるべき場所にあるなら、神の家の秩序は正常でしょう。十字架はまさにこのように働きます。十字架が完全な寸法で中心にあるなら――それが大きな祭壇であることに注意して下さい――他のすべてのものもあるべき場所におさまり、生き生きとした関係を持つに至るでしょう

ここでは述べられていませんが、この祭壇は青銅でできていた、と推定していいと思います。幕屋の中の祭壇は青銅でできており、ソロモンの神殿の祭壇も青銅 でできていました。<…>私たちはすでに青銅を経験しました。私たちは門で、人なる方の中の青銅を経験しました。この方は彼の葦を用いて、ご自分が何であ るかにしたがって、すべてのものを測りました。青銅は神の義なる裁きの型です。この大いなる祭壇は神の義なる裁きの完全さを表します。この青銅の祭壇は青銅の人によって測られます。それは、この祭壇が裁きについての神の御心を表すためです。

すべての全焼の供え物が捧げられたこの祭壇によって、不義な人は完全に除かれますこの青銅の祭壇で、人は灰にされます。灰はこの祭壇から取られ、祭壇の横の地面の上に注がれました。これは不義な人、生まれながらの人に関する神の御心の絵図です。生まれながらの人は、神の裁きの火の中で焼き尽くされ、灰にされ、地面の上に注ぎ出されますこれが生まれながらの人に関する神の御心です

他方、この祭壇の前に立つことができるのは義人だけです。もちろん、これらは主イエスのパースンと働きの二つの面です。一方で、は私たちのために罪とされました。そしてその身分において、彼はまったく焼き尽くされ、灰にされました。彼が「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか?」と叫ばれた時、それは灰の叫びでした!彼は灰にされ、地面の上に注ぎ出されました。

しかし、十字架には他の面もありました――「彼は罪を知りませんでした」。彼ご自身の中にはなんの不義もありませんでした。ですから、彼は祭壇を通過することができ、火の後も生きることができます! 「あなたは、あなたの聖者が朽ち果てるのをお許しになりません」彼の中にはなんの罪もなかったので、彼は死に捕らえられることができませんでした彼の聖なる性質は、神のあらゆる義なる裁きに打ち勝つことができました! 大いなる祭壇の意味は次の通りです。すなわち、一人の人が終わらされて、別の人がその人の場所に立つ、ということです。祭壇ですべてが裁かれました。十字架ですべてが裁かれます

私たちは主イエスの十字架によって裁かれ、自分自身を終わらされています生まれながらのすべてのものは、主イエスの十字架によって裁かれ、終わらされています。これを認識することはとても重要なことです。ご覧のように、これがすべてを可能にします。これが、「十字架があるべき場所にあるなら、他のすべてのものは正常になる」と述べた理由です。神の家は正常になります。すなわち、教会は正常になります務めは正常になります秩序は正常になります。正しい秩序をもたらすために働きに出かける必要はなくなります。十字架の働きから自然に正しい秩序が生じます

あなたがこれを自分の心に銘記するよう私は切望します。あなたは神の家の中で無秩序に出くわすかもしれません。あなたは神の家の中で生まれながらの人に出 会うかもしれません。あなたは神の家の中でまったく誤った状況に出会うかもしれません。こうしたことをあなたはどう対処するのでしょう? ただ十字架の原則によってのみ、対処することができます

あなたは人々自身を対処することはできませんし、物事自体を対処することもできません。しかし、その状況の中に十字架をもたらすことができさえすれば、すべての問題は解決されたのです。それはこのようです。私たちは外側から始めません。私たちは人々から始めません。私たちは主の家の秩序から始めません。私たちは務めから始めません。私たちは十字架から始めます。人々が十字架を見さえするなら、他のすべてのものは正常になります。すべては十字架によって裁かれます
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー