忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

私の心は主を待ち望む

私 の言いたいことは、どうにも適切な表現で表わすことはできそうにありません。何かを論理的に説明しようとするならば、いよいよ世間の反感を買ってしまうだ けに終わるかも知れません。しかし、人に対してではなく、主に対して、拙い、幼子のような言葉で、告白したいのです。私は主を待ち望みたいのです。

ある人々は、私の生き方を見て、「あなたは怠慢だ、あなたは生きていても死んでいるも同然だ、主のために活動もしていないし、御言葉を人に宣べ伝えてもい ないし、兄弟姉妹の交わりにも、生きがいを見出していないようだ。あなたの生きがいはどこにあるのか。あなたには社会的有用性が何もない。そんな人生のど こに魅力があるのか」と、言うかも知れません。その通りです、私は立ち止まっています。私には社会的有用性がありません。私は死んでいるも同然です。人か らどんな評価を得たとしても結構です。

しかし、ここからが、命をかけた本番です。何のために立ち止まっているのでしょうか。それは主ご自身を得るためです。主ご自身を上から啓示していただくのでなければ、私の人生には、この先、一瞬たりとも、意味がない、ということを知っているからです。

かつて人生を失ったと思った時、全てのことを差し置いて、私は主を求めましたが、それは、失った夢を回復するのが目的ではありませんでした。気楽で楽しい 人生を取り返すことが、希望だったのではありません。私の心はもうそんなことで満足できませんでした。私は真実なる神を知りたかったのです。神ご自身を求 めていたのです。真理と共にでなければ、生きていきたくなかったのです。もはや神の介入なしには、一歩たりとも、生きていけないという、むなしさと、絶望 的な飢え渇きの地点へと、もたらされていたのです。

主は真実を持って、私の叫びに答えて下さいました。命なるキリストは、死んだ教義としてでなく、今日も生きておられる方として、ご自身を、私の内に知らせ て下さいました(もちろん、これは、主と私との最初の生きた出会いに過ぎません)。しかし、このようにして主に出会うためには、死んで葬られたような状態 で、主を待ち望むという期間が私には必要でした。主は時折、私たちが主へともたらされるために、あえてこのような暗黒の日々を私たちに過ごさせ、それに よって、私たちの肉を静まらせ、私たちの魂の最も奥底からの求めが何であるかを明らかにし、それに応じて、ご自身を現して下さるのです。

今、再び、ある出来事をきっかけに、私はこの飢え渇きの地点に戻らされました。初めは、ただ一つの問題だけを片付けさえすれば良いように思えたことが、そ うではなく、徹底して、主を求めることが、全ての解決であり、主ご自身こそが、私の人生の全ての意味であられることが分かったのです。

主は、あたかも私に優しく問うておられるかのようです、「あなたが一番、欲しいものは、何ですか。立派な職業ですか。社会での成功ですか。それとも、あな たを愛して寄り添ってくれる家族ですか。あなたの最も欲しいものを、口にしてごらんなさい。何でも、私はそれをあげましょう。あなたが欲しいのは、あなた の心を満たしてくれる伴侶ですか。クリスチャンの兄弟姉妹との愛に満ちた交わりですか。御言葉の深い理解ですか。

ええ、それら全てがあなたに必要であることを、私はよく知っています。そして私は実際に、あなたを滅び行く人生から救い出し、再び命を与え、豊かな生活へ と導き出し、数々の祝福を与えました。それを通して、私こそが供給者であり、私にはできないことは何一つないことを、あなたは知りました。しかし、私はあ なたの目が祝福に奪われることを望みません。あなたの目が表面的な知識や、目に見える兄弟姉妹や、彼らとの交わりに奪われることを望みません。私はどんな 時でも、他のどんなものよりも、あなたに私自身を求めて欲しいのです」

それに対して、答えは一つです、「主よ、分かっています。たとえこの世の全ての祝福を得たとしても、あなたご自身を失うのであれば、私には生きている意味 が全くありません。どうしてあなたが再三に渡り、私を世の中から引き離し、幾多の困難に出会わせ、まるで居場所がないかのような境遇に置かれるのか、今と なっては分かります。それは私に、ただあなたご自身だけを求めさせるためです。私を死から救い出し、無から全てを与えて下さったあなたには、私を困難から 救い出すことなどわけないことです。この世で私が生きるも、死ぬも、あなたのお心一つです。

しかし、私は言います、私の居場所は、この世にはなく、人との交わりの中にもなく、ただあなたの中にしかないと。社会的成功も、どんな人たちからの優しい 言葉も、私の心のこのむなしさを埋め合わせることはできません。私の心が飢え乾いているのは、なぜでしょうか。それは主よ、あなたが欠乏しているからで す! 私はこのことを告白するのを恐れません。知ったかぶりをして何になりましょう。私の心が飢え乾いている時に、すでにあなたを得たと言って誇るのは恐 ろしいことです。ですから、自分の貧しさを告白します。ただ一つのことが分かっています、あなたを内に啓示されないことには、私の人生にはまるで意味がな いこと、私の人生の目的はただ一つ、あなたを知ることにだけあると」

この人は孤独と無為の生活を送るうちに、ついに気がふれたのだと思う人もいるかも知れません。自分の人生の無用性を言い訳するために、ありもしないことを 引き合いに出しているのだと。ああ、何と多くの人々が、主ご自身でなく、活動に目を奪われているのでしょうか。何と多くの人が、目に見える成果に、心を奪 われているのでしょうか。誰も彼もが、主のための活動とその成果に心奪われています。その忙しい活動をやめて静まることこそが、主に出会うための、最短距 離であると言えば、どのくらいの人が、それに憤りを感じないでくれるでしょうか。

魂の活動を何よりも愛する人にとっては、主を待ち望み、御言葉を得てから、すなわち、内なる確信を得てからでなければ、何もしようとしない人の生き方は、 愚の骨頂に見えるでしょう。そうです、愚の骨頂かも知れません。私は間違っているのかも知れません。しかし、たとえ私が根本的に間違っていたとしても、主 はご自分を待ち望む者を、失望に終わらせることなく、確かに応えて下さると信じています。なぜなら、自分の努力と正しさによって主に達した人は一人もいな いからです。信仰以外のものによって、主に達した人はいないのです。

もしも主が応じて下さらないならば、私の人生はただむなしく過ぎ去っていくでしょう。しかし、それでも、人の心を満足させることのできない、空虚な事物の ために、時間を費やすことの方が、もっともっと馬鹿げているのではないでしょうか。主ご自身を得ないで生きることに何か意味があるのでしょうか。私は主を 待ち望みたいのです。たとえ一生が暗黒のうちに過ぎ去ろうとも、主を待ち望みます。

「私たちのたましいは主を待ち望む。
 主は、われらの助け、われらの盾。
 まことに私たちの心は主を喜ぶ。
 私たちは、聖なる御名に信頼している。

 主よ。あなたの恵みが私たちの上にありますように。
 私たちがあなたを待ち望んだときに。」(詩篇33:20-22)

「それゆえ、主は
 あなたがたに恵もうと待っておられ、
 あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。
 主は正義の神であるからだ。
 幸いなことよ。主を待ち望むすべての者は。」(イザヤ30:18)

PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー