忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

信じます…

「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。

あなたがたが互いに愛し合うこと、これが、わたしのあなたがたに与える戒めです。

もし世があなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたしを先に憎んだことを知っておきなさい。もしあなたがたがこの世のものであったなら、世は自分のものを愛したでしょう。しかし、あなたがたは世のものではなく、かえってわたしが世からあなたがたを選び出したのです。それで世はあなたがたを憎むのです。しもべはその主人にまさるものではない、とわたしがあなたがたに言ったことばを覚えておきなさい。もし人々がわたしを迫害したなら、あなたがたをも迫害します。」(ヨハネ15:16-20)

聖なる父。あなたがわたしに下さっているあなたの御名の中に、彼らを保ってくださいそれはわたしたちと同様に、彼らが一つとなるためです。<…>わたしは彼らにあなたのみことばを与えました。しかし、世は彼らを憎みました。わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものでないからです。彼らをこの世から取り去ってくださるようにというのではなく、悪い者から守ってくださるようにお願いします。<…>真理によって彼らを聖め別ってください。あなたのみことばは真理です。」(ヨハネ17:11-17)

父よ。お願いします。あなたがわたしに下さったものをわたしのいる所にわたしといっしょにおらせてください。あなたがわたしを世の始まる前から愛しておられたためにわたしに下さったわたしの栄光を、彼らが見るようになるためです。
正しい父よ。この世はあなたを知りません。しかし、わたしはあなたを知っています。また、この人々は、あなたがわたしを遣わされたことを知りました。
そして、わたしは彼らにあなたの御名を知らせました。また、これからも知らせます。それは、あなたがわたしを愛してくださったその愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの中にいるためです。」(ヨハネ17:24-26)


主イエスよ、あなたがまさに十字架の刑罰の死に向かわれる前に、私たちのような者を憐れんで下さり、残される私たちのために、天の御父に執り成して下さったことを、心より感謝します。

主イエスよ、あなたの死を目前にしたこの切なる祈りを、天におられる御父は、どんなことがあっても、成し遂げて下さると信じます。

天の父よ、この困難な時代にあって、私たちは麦のようにふるいにかけられています。真理に忠実な者には、これから先も、火のように試練が降りかかるでしょ う。エクレシアも攻撃を受けています、クリスチャン同士が裏切りあっています。ともすれば、生きる手段さえ、奪われかねない状況です。こんな恐るべき時代 にあって、どうして不安を覚えずにいられるでしょう。私たちの力では、一瞬たりとも、キリスト者であり続けることはできません。主よ、どうか私たちを悪い 者たちから守って下さい! 私たちを偽りや、つまずきから守って下さい!

私たちが頼りとするのは、自分の力ではなく、生ける御言葉なるキリストです。主よ、あなたの慰めに満ちたお言葉に感謝します。私たちがあなたを選んだので はなく、あなたが私たちを選んで下さったのです。何と感謝なことでしょう。私たちはこの事実にしがみつき、それを確信しています。それは、私たちが実を結 ばない枝として切り払われるためではなく、実を結ぶ枝となって、永遠に残る報いを受けるためです。

主よ、あなたが私たちを実を結ぶ枝とされようとなさっておられるとは、何と幸いな約束でしょうか。私たちはこのことを堅く信じて、よりすがります。しか し、どうか、真理の御霊によって、私たちを教えて下さい。私たちは、自分では、御言葉の意味も分からず、どのようにあなたのために働くべきか、どのように 行って実を結ぶべきかも、何も知らないのです。

主よ、世は私たちを憎んでいます。暗闇の軍勢は、全勢力を傾けて、私たちからキリストの啓示を奪い取ろうとし、ともすれば、エクレシアの中にも、分裂を引 き起こし、苦い種を撒こうとしています。しかし、たとえ世がどれほど私たちを憎み、迫害したとしても、あなたはご自分のために選び出された全ての人々を、 真理によって聖別し、御名の中に保って下さることができると信じます。そして、あなたにとどまる者を、愛によって一つに結び合わせ、あなたご自身が私たち と共に住んで下さると信じます。

今、カルバリの十字架の死により、私たちは世から分離され、神の命の中に隠されていることを信じます。主よ、私たちの心をあらゆる罪から救い、清めて下さ い。誰でもキリストにあるなら、新しく造られた者、とあなたはおっしゃって下さいます。私たちはキリストにある者です。どうか私たちを朝ごとに、新しくし て下さい。カルバリを覚えるごとに、私たちに新しい霊と心を与えて下さい。

どうか苦しみのさなかにあっても、主よ、あなたが私たちの慰めとなって下さり、私たちの悲しみの涙を拭って、平安を与えて下さいますように。どうか、キリ ストの栄光を私たちに知らせて下さい。キリストにある命の豊かさを、キリストの愛の深さを、もっともっと、人生において、私たちが知ることができますよう に。

主よ、心から告白します、私たちはあなたと共に生きたいのです! 私たちがあなたのおられるところに絶えずとどまり、あなたが私たちの内に住んで下さり、 永遠に離れることなく、主が私たちの只中に住まいをもうけて下さいますように。私たちはあなたに道を譲り、あなたが私たちの内で、今日も生きて下さること を信じます。

私たちが神の御旨に従って、神の栄光を現して生きるために、必要の全てを満たして下さるのは、キリストです。このお方が、私たちの内で、十字架で死んだ古 き命に代わって、新しい復活の命となられ、全てとなられるのです。キリストが、私たちの内で、力となられ、知恵となられ、義と聖と贖いとなられて、今、力 強く生きておられることを信じます。私たちはただ全力で御言葉によりすがり、内なるキリストに頼ります…。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー