忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

いけにえを好まれない神

他の記事にも何度か書いて来たことであるが、何らかの公の宗教団体に属してさえいなければ、クリスチャンは、人間の作った組織による支配や搾取から脱出できるかと言えば、そんな保証はない。

公に組織を名乗っていなくとも、信者が信者を支配し、霊的に搾取する、という実例は無数に存在するのである。

そのような悪しき支配を逃れるために必要なのは、ただキリストだけにより頼み、決して人間の指導者に従わないことである。

公の組織でなくとも、教師になったり、指導者になりたがる人間というものは存在する。

何か問題を抱えて、心弱くなった時に、「あなたをぜひお助けしたいんです」などと、まことしやかに親切を装って近づいて来る人たちがいるが、彼らに心を開け渡さないことである。
 
クリスチャンは目を覚ましていなければならない。信者の名をかたりながら、その実、キリストの御霊でない霊、人を支配し、奴隷にする霊を持っている者もいるからである。
 
兄弟姉妹の名を使って、信者の心を神ではなく、人に依存させて行こうとする力は常に働いている。
人に惑わされてはいけない、人の奴隷となってはいけない、聖書がそう教える通りである。
何度も言うが、そのために必要なのは、ただ見えないキリストのみを頼りとし、見えないキリストだけに従うことである。

さて、ある信者が本当に信仰者であるのかを吟味するのに、有益なのは「実」を見て判断することである。
 
最も分かりやすい例は、信者の家庭である。

どんなに口では立派なことを語って、大勢の信者たちに敬われていても、家庭に破壊的な影響が及んでいる場合は注意が必要である。

信仰ゆえに、一時的に家族関係に対立が生じることは、残念ながら、あるが、家族間の断絶や、子供たちの不幸があまりに長年に渡って定着し、子供の自殺などが発生しているのに、そのような不幸が「信仰のための試練」として正当化され、美化され、奨励さえされているような場合は、ことさらに、注意が必要である。

筆者の知っているある信者の家庭は、異端の団体に長らく入信している間に、崩壊状態となり、夫婦関係は断絶し、子供たちは精神を病み、そのうちある者は自殺した。だが、その信者は、自分の子供の死が、自分が誤って異端へ入信したという神への裏切りの罪に対する刈り取りではなく、むしろ、信仰による試練だと言うのである。

「神は私の最も愛する者を私の手から取り上げられたのです。それは私が神だけに従順に従う信仰を持つためです。神は私の魂の愛を試されたのです・・・。」

だが、一体、本当にそんな理屈が成り立つだろうか?
筆者にはどうしてもそのような論理は納得できないのである。

もしそんな理屈が成り立つのだとすれば、自殺して亡くなった信者の子供は、その親である信者の信仰が成長するための、たたき台にされたというのだろうか?

そんな方法で、神が誰かの信仰を成長させるなど、あり得るだろうか?
  
聖書の神は、エクレシアの輝かしい発展のために、人命を犠牲に要求されたり、人を病気に陥れたり、自殺に追い込んだりすることは決してないと、筆者は確信している。

私たちの神は、信じる者に豊かに命を与える、恵み深く、憐れみ深い神である。だから、上記のような不幸が起きたときは、まず信者は家庭に入りこんだ罪の存在を疑ってみるべきであり、何よりも、それは異端の影響によって起きた厳しい報いである可能性を考えてみるべきだと、筆者は確信している。
 
私たちの神は、ご自分の不足を埋め合わせるために、人の生活や命そのものを、いけにえに差し出すことを要求されるような方ではないのである。

確かに、信者は天然の 命を拒み、自分自身を主にお捧げするが、それは信者が無駄に死んだり、無駄に人生を失うためでなく、神の命によって新たに生かされるためだ。

私たちがイサクを捧げる時、イサクの命は取り去られず、むしろ豊かに祝福されて返される。神に捧げたものは、決して捧げっぱなしにはならない。むしろ、百倍近くに祝福されて、新たな恵みとして信者自身に返ってくる。

そのことを筆者は何度も体験して来た。

筆者は、キリスト者には、みな、エノクのように神と共に生きる幸せを享受する幸いが与えられていると信じている。

なぜなら、神はすでにキリストの犠牲を見て満足され、キリストを通して、私たちに豊かに命を与えることを願っておられるからだ。その命の豊かさをまだ見ていないのに、犠牲のことばかりを語り続けているとすれば、それは何かがおかしい。

間違ってはいけない。私たちの神は、いけにえを好まれない。信者が哀れな人柱として自分を犠牲に捧げることを、神は要求しておられない。まして信者が自分の信仰の生長のために、他の信者の人生を犠牲にするなど、言語道断である。
 
にも関わらず、もしも「神のために」と言って、人命の犠牲や、職業の犠牲や、日常的な不幸が正当化され、あるいは美化され、奨励さえされているならば、それは異教であって、聖書への信仰ではない、ということを知るべきなのだ。

だから、そのようなことを説く人間や場所からは、早急に離れた方が良い。
 
主よ、あなたがどんなに恵み深く、善なるお方で、信じる者に恵みを惜しみなく与えて下さる方であるか、信者一人一人が、生涯を通じて、豊かに経験することができますように。

あなたが召された羊たちを、さらに義とし、さらに自由とし、尽きない水の流れる豊かな牧草地に導いて下さいますように。それがあなたの御心であることを信じます。

特に、自分では判断できないほどに弱く力のない者一人一人を、欺きからかくまい、その信仰に応じて、安全地帯まで大切に持ち運んで下さるよう願います。我らを再び人の奴隷とするだけの欺きの教えからかくまって下さい。

庭の美しいバラ
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー