忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

私を空にして下さい

この一年間というもの、主が私に教えられた学課はただ一つ、「あなたには何もできません」、ということだけであった。

主は私を見捨てておられない。そのことは、日々、与えられる恵みを通して、はっきりと分かる。貧しさの中にも、どれほどの豊かさを主は届けて下さったろ う。日々の糧に困ったことは一度もないし、頼るべき知人も、わずかしかいないというのに、困り果てた時には、いつも、必要な助け手がどこからともなく現 れ、誰もそばにいない時には、必ず、主ご自身が、私のために解決となって下さった。

だから、本当の絶体絶命には、一度も、たどり着いていない。けれども、私が自分で作った計画表は、ことごとく、廃棄されなければならなかった。自分が何も できない人間であるということを、日々、思い知らされるのは、苦しい。生活が思いのままにならないだけでなく、特に、主に従うことのできない自分、主の御 心に反することをし続けて、失敗を重ねている自分を発見するのは、つらかった。偽りと欺きに満ちた世に巻き込まれ、容赦なく投げ倒され、苦しまぎれに、抗 議の声を上げないでいることも難しかった。

人生を主にお捧げしますと、心から告白したその日から、どんな前進があっただろうか。あるのは後退、無力、窮乏、弱さだけであり、それに加えて、以前には 持っていたはずの、生まれつきの能力までが、ことごとく尽きて行った。良かれと思った計画の全てが徒労に終わっただけでなく、今では、まるで歩くのもやっ との病人のように、当たり前の事柄にさえ、つまずいている。

ついに、善悪を識別する能力さえ、私から取られようとしている。

「あなたはもう何もしなくてよろしい。なぜなら、あなたには元々何もできないからです」

そんな主の御声が、耳に聞こえて来るかのようだ。なのに、私はまだそこでじたばたしている。どうして?こんなに一生懸命にやっているのに、なぜ何も成就しないの?

「物事が上手くいかないのがなぜか分かりますか。あなたの手の中に計画が溢れすぎているからです。私の働く余地はありません」

「でも、主よ、怖いのです。もしも考えることをやめてしまったら、大変なことになりませんか。手立てを打たなかったら、どうなるというのです? 善悪を識 別し、自分で判断することをやめたら、より一層、欺かれはしませんか? 流されるままに、暗闇に落ちて行くのではありませんか?」

それでも、状況は有無を言わさない。計画という計画が頓挫した今、それでもまだ自分の思考力を信用することほど、愚かなことがあろうか。最近、何かもっと もらしいことを言おうとすると、力が抜けて、言葉が出て来なくなるようになった。御言葉を引用して、正しいことを語るのも、ひどく億劫になった。世間で沸 騰している議論のどれ一つにも、関心が持てない。私の知性は破壊され、何やら、愚かさの極みのようなところへ導かれている。

憐みに満ちた我が主。世の荒波に容赦なくもまれ、全ての望みと計画が失敗に終わり、悔しさに唇を噛みしめ、疲れ果ててよろめきながら、ただこのお方のうちに駆け込む。

「私はずっとあなたが力尽きるのを待っているのです。私が光なのです。あなたの知性に光はないのです。暗闇に巻き込まれず、目を覚ましているために必要な のは、私のもとに来ることです。あなたが自分で考える必要はありません。私に聞きなさい。私が解決なのです。私のもとに来なさい。私が命なのです。あなた の全てを支配しているのが、私であることを認め、全ての道で、私を認めなさい。たとえ失敗の最中であろうと、裏切られている最中であろうと、騙されている 最中であろうと、嘲弄されている最中であろうと、私を認めなさい。どんなに知識を集めてみても、あなたは自分の努力によって、自分を救えません。どんなに 試行錯誤を重ねても、あなたが達成できることは、何一つありません。あなたの善悪の識別能力に、あなたを生かす力はないのです。私に任せなさい。ただ私だ けが、あなたを生かすのです。それを学ぶまで、あなたにはただ失敗しかありません」

「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは 柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのく びきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11:28-30)

絶望するには、まだ重荷が少なすぎて、私はそれでも自分の足で歩こうとしているのだろう。呪われた私の生まれながらの命よ! いつまで試行錯誤を続けるの か! おまえにできることは何もない、その答えに本当に甘んじるまで、あとどのくらい時間が必要なのか。しかし、日々、弱められ、日々、力尽き、毎朝、自 分の計画表が差し戻されるのに抗うこともできず、どんなに強情な人間でも、これが偶然でないことくらい、そろそろ、分かっても良い頃だ。

私は自分の冠を投げ捨て、ただ主を拝します。私が完全に無用の器であることを、どうか私が認めますように! 主よ、空っぽになった私を、あなたがお受け取 り下さり、御心で満たして下さいますように。大祭司なる主イエスよ、あなたの命の中に隠れ、あなたの御手の下に、我が身を横たえます。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー