忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

愛は全てを完全に結ぶ帯(2)

「だから、あなたがたは、神の力強い御手の下に、自らを低くしなさい。時が来れば神はあなたがたを高くして下さるであろう。神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。」(Ⅰペテロ5:6-7)

あまりにも幸福であったので、記事を更新するのが遅れた。日曜日は、暗闇の圧制に対する、主と私とのとてつもない共同の凱旋の日であった。 憐み深い我が主は、私の心にあった、誰も取り去ることのできない不信と疑いを打ち破り、また新たに、一人の尊い姉妹を私にお与えくださった。

姉妹は、この日本社会において、とても弱い立場に置かれて苦労している人である。それなのに、これまで、私はその寄留者としての立場を思いやることもな く、かえって、一方的な冷たい疑いを彼女に向けていたのだった。だが、私がこの事柄について、主に向かって率直に真実を問うた時、主ははっきりと答えを与 えて下さった。

姉妹の祈りを通して、主は私に働かれた。また、私の生活に起こった事件を通して、主は私の心を砕かれた。そして、ちょうど良い時に、私たちは主によって出 会い、豊かな交わりを持つことができた。私は何も隠さずに、自分の心を姉妹に打ち明け、姉妹も何も隠さず、真実を語ってくれた。そこで、私は自分の疑いが 全て虚偽であったことを確認し、姉妹に赦しを乞うた。

確かに、神の御前に、全ての不信と疑いは罪である! 弱い者を容赦なく罪定めする人の心の非情さよ! 私は改めてそれがどんなに罪であるかを知った! に も関わらず、私の心には今、ただ喜びが溢れている、なぜなら、主は、このように弱く、不安定で、恐れに満ちた、真実の欠けた私の心さえも、大いなるいたわ りと憐みを持って扱われると分かったからだ! 主は誰の愛にも値しない私を、愛される者として下さり、姉妹の赦しを授けて下さった! 私たちの主は、何と いうお方なのだろう! 彼は私の心の愚かしいきりきり舞いや、ばかばかしい右往左往や、一つの実も結ばない思い煩いにさえ、豊かに報いてくださるお方なの だ。

主は、私の心には土台、不真実しかないということを知っておられる。彼は私の心にひとかけらの真実も期待してはおられない。それなのに、主は、その愚かし い弱さの中で苦しみ、もだえ、主に向かって叫び求める私を見捨てられない。もしも私がへりくだるなら、主は不真実な思い煩いの代償として生じる私の心の痛 みをさえ、憐れんで、優しく包帯で包んで下さる。

夜の闇がすっかりあたりを包んだ頃、スポットライトに照らされた小さな店の中で、肩を抱き合って泣いている私たちの姿は、通行人から見れば、よほど変に見えたことだろう。だが、それが何だろう、この巨大な喜びに比べれば!

その日から、主は彼女を私の姉とし、私を彼女の妹として、一つの神の家族に、しっかりと結び合わせて下さった。その絆が、この先も、切れないだろうことを 疑わない。だが、私は気を失って倒れそうだ、一体、主の憐みといつくしみは、どこまで大きいのだろう? 主の御思いは私の思いを超えて、どれほど高く、深 いのだろう? なぜこの弱く惨めな腐敗した私が、受けるに値しない恵みを受けているのだろうか? 

私の心が恐れと疑惑の真っ只中にあって、私の心が最悪の状態にあって、全世界から閉ざされているような時に、我が内に、大胆に、力強く、立ち上がって働か れる主――。私の心の内に、より頼むべきひとかけらの真実もなくなり、誇るべき一握りの清さもなくなり、誰もが私を見て、呆れ果てて溜息をつき、肩をすく めて立ち去って行くような時に、主が私のために真実となられ、私のために清さとなって下さり、我が内に働いて、私の不信を突き破って、御業をなされる!  しかも、私と同じように、貧しく、弱い者たちと一緒になって! その不思議さ、その筆舌に尽くしがたいパラドックスよ!

だから、私は自分の汚れきった、恐れと疑いに満ちたちっぽけな弱い心を、自分で何とか改善しようとして、努力に努力を重ねる必要がない。人を愛し、信じよ うと無理な努力を重ねる必要もない。私のなすべきことはただ一つ、自分の不真実な心をありのまま主に打ち明け、その不真実な心の痛みの中で、塵と灰をか ぶって、へりくだって主を待つことだけなのだ。

主はまた、別の尊い姉妹の心をも、私にお与え下さった。もしも、この姉妹がいなければ、私の今日はなかったに違いない。愛する賜物とは何であるかを、この 人を通して、私は知った。私が疲れ果て、悲嘆に暮れて、全てのクリスチャンの交わりから、永久に遠ざかりたいと告白した時に、しっかりと私に寄り添い、主 の限りない愛を私に示してくれたのはこの人であった。私は姉妹からたとえ絶縁されたとしても、当然の状況であったのに、それなのに、この姉妹もまた、私の 大きすぎる疑いや不信によって、揺るがされることがなかった。むしろ、姉妹は、私の心の弱さを吸収し、私の怒りも悲しみも涙も吸収し、吸収し尽くして、私 の心をすっかり空っぽにしてしまった。そして、私の心に何もなくなった時に、そこに、主の愛が津波のように、どっと流れ込んで来たのである。

今まで、このようなことは、私の身の上に、人生で一度たりとも、起きたためしがなかった。私の不信を打ち破ることのできた人間は、地上に一人としていな い。だから、分かる、これは人の力によらないと。これは誰の人徳でもなく、ただ信仰による功績である。人の天然の能力には、このようなことをなし遂げる力 はなく、人の生まれながらの心には、金持ちを愛する愛はあっても、ラザロを愛する愛はない。

にも関わらず、ラザロを愛し、ラザロを泥の中から引き上げて、王の息子、娘にまでしてやりたいと願われるのは、私たちの主なのだ。ラザロが愛されるのは、 人の信仰のうちに働かれる、主の愛による。疑いに満ちた、真実のひとかけらもない、不公平で、冷たい人間の心に、ただ信仰だけを通して、神は人を愛する愛 をお与えになり、傷ついた者に寄り添い、卑しめられた者のために涙を流し、その弱さを打ち明けることさえできない者を抱きしめる心を与えられる。そして、 決して、消えることのない、愛のともし火をともし、地上では絶対に一致できないはずの人々を、神の家族の一つに結び合わせることができるのだ。ただ主の栄 光ある御名を賛美します!

「わたしは、新しいいましめをあなたがたに与える、互に愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したよう に、あなたがたも互に愛し合いなさい。互に愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認めるであろう」(ヨハネ 13:34-35)

PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー