忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出発前の祈り

主よ、心から感謝です、私はあなたを見上げます。私はどんなにかあなたを愛しているでしょう。私は迷いやすい、心の弱い、無知な者ですが、いつでも、あなたの命の中に隠れ、あなたの御翼の陰にかくまわれることができる幸いを心から感謝します。

主よ、あなたを心から愛しています。そのことで、私はたとえようもなく幸福です。これまでにたとえどんな道を歩んで来たにせよ、たとえ今どのような境遇に 置かれているにせよ、私の涙も、苦しみも、恥でさえも、あなたがご計画の中で、あなたにとって最善となり、益となるように、いつも取り計らって下さってい ることが分かっているので、私には、心を曇らせるものは何もありません。

主よ、私は幸福です。それは、天地が創られる前から、はかりしれない愛の中で、私を選んで下さったことを知っているからです。私は幼子のように無知な者で すが、この無知な者を選んで、あなたの福音を表して下さったことを感謝します。私の歩みをこれまで守り、私がつまずいた時にさえ、御手を持って支えられた ことを感謝します。これからも、御翼のかげに私をかくまってください。

主よ、あなたは私をさまざまな場所に置かれ、他の人が滅多に見ることのないような、さまざまなものを見せてこられました。私にはその理由がいつも分かるわ けではありませんが、あなたには深いご計画があることが分かっています。それは、私を通して、兄弟姉妹が命の供給を得るためなのです。たとえどこへ遣わさ れるときにも、御身体が豊かになるために、あなたは私を遣わされているのです。そして、私もそれによって豊かにされるのです。

私はこれからも、教会、その他、さまざまな場所へと遣わされるでしょう。中には、私自身がなぜそこにいなければならないか、分からない場所もあるかも知れ ません。しかし、公の会堂の中にいても、誰かのミニストリーの中にいても、先人の書物を読んでいるときも、世の中で仕事をしているときにも、たとえ人が栄 光を受けている何かの運動の只中にいる時でも、主よ、私の心は、ただあなたにのみ捧げられ、あなたにのみ注がれています。

主よ、人はうわべを見ますが、あなたは私の心をご存知です、目に見えるものは、もはや私の心を支配することはできません。

主よ、全世界の前で、はっきりと宣言します、私の所有者は、あなたです。私はあなただけに心を向けています。ですから、どうぞ主よ、これからも、あなたが 望まれるとおりに、私を必要な場所に置いてくださいますように。そして、私を兄弟姉妹に仕える者、兄弟姉妹の命を豊かにする者として、どこへでも、遣わし てください。また、あなたが我が足のともし火として、これからも、私の行く道を照らしてくださり、あらゆる悪しき者から守って下さいますように。

主よ、恥は私に、栄光は主にお返しします!! 私が罪人であったときから、私を愛し、私のために命を捨てて下さった主を、心から誉めたたえます! 私を泥 の中から引き上げ、真新しい王族の衣装を着せ、そして、孤児同然であった私に、豊かな命を与え、愛すべき兄弟姉妹を与えて、神の家族として、生きる者へと 変えて下さったことを、心から感謝します。

たとえ私のこれまでの歩みにどんな欠点があったとしても、一つのことだけは確かです。それは死んだも同然であった私を、あなたが豊かな命の中へと引き上げて下さり、もはや見捨てて孤児とはしない、とおっしゃって下さっていることです!!

主よ、これから、あなたが与えて下さった大切な神の家族のもとを訪れ、共に手を取り合って喜びを分かち合うために、旅立ちます。道中の無事をあなたが守って下さり、祝福された交わりをお与えくださいますように。

主よ、あなたを誉めたたえます、あなたが一つとして下さった神の家族を感謝します。どんなに目に見える欠点があっても、どんなにつまずきの多い人生を歩んでいても、私たちは永遠に変わることのない一つの家族です。

私は兄弟たちの手を握りしめています。どうか、生ける水の流れがエクレシアを浸しますように。兄弟姉妹の無事をも、守って下さい。では、行ってきます!
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー