忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

十字架の死のと復活の原則――信者のからだの命でもあるキリスト――ただキリストの復活の命によってすべての必要を満たされて生きる

ですから、私はあなたがたに、食事をとることを勧めます。これであなたがたは助かることになるのです。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。」(使徒27:34)

「しかし、これらのすべてのことの前に、人々はあなたがたを捕えて迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために、あなたがたを王たちや総督たちの前に引き出すでしょう。

それはあなたがたのあかしをする機会となります。
それで、どう弁明するかは、あらかじめ考えないことに、心を定めておきなさい。
どんな反対者も、反論もできず、反証もできないようなことばと知恵を、わたしがあなたがたに与えます。

しかしあなたがたは、両親、兄弟、親族、友人たちにまで裏切られます。中には殺される者もあり、わたしの名のために、みなの者に憎まれます。
しかし、あなたがたの髪の毛一筋も失われることはありません。
あなたがたは、忍耐によって、自分のいのちを勝ち取ることができます
」(ルカ21:12-18)


かつて巨大なエクソダスが起き、筆者が初めてキリストの十字架の死と復活に同形化されることの意味を知った時の出来事を思い返している。というのは、それとほぼよく似た体験をつい最近もしたばかりだからである。

一つ前の記事において、神から信者への御言葉による光の照らしを筆者はレントゲン写真にたとえたが、これは少しばかり不適切なたとえかも知れないと思う。なぜなら、神による照らしは、レントゲンのように有害な放射線によらず、また、我々が自分を吟味していただくお方も、あくまで神であって、目に見える誰か人間に向かって客観的に自分の状態を確認してもらうことが目的ではないからである。

以前、筆者は、獣医の誤診によってさんざん無益な狂奔をさせられた事件について書いたことがあるが、医者という存在は、どこかしら牧師にもよく似ていて、もしも自分の体のことを自分で管理できない不安を抱く患者が安易に助けを求めるならば、医師たちは、そのような患者をあたかも問題から助けてやるかのように見せかけながら、さらにその問題を悪化させ、よりひどい依存状態へとがんじがらめにして行くということが、全くないわけではない。

だから、キリスト者が頼るべきは、人間の医師ではなく、まことの医師たるキリストであって、キリスト者を生かす命は、人間による外科治療や薬による外的影響力ではなく、内側から働くキリストのまことの命なのである。キリスト者が受けるべき検査は、人体に有害な人工的な光の外側からの照射による検査ではなく、神の無害な御言葉の光の内側からの照射による検査である。
 
前回の記事で、筆者は『キリスト者の標準』を引用しながら、ウォッチマン・ニーが憔悴状態にあった時の体験に触れたが、彼には何かしらの持病があったらしく、それが悪化した際に、一度は重篤な状態に陥り、兄弟姉妹からも命を危ぶまれ、診察した医師からも、余命いくばくもないと宣告されたことがあるそうである。その体験を、筆者は別な著書で読んだ。だが、ニーはその時、息も絶え絶えの病の床で、医師から受けた死の宣告を、信仰によって拒否し、そして、実際に彼は奇跡的な回復を遂げるのだが、それからしばらく経って、たまたま読んだ新聞の死亡欄に、自分を診察した医師の名前を見つけ、神は生きておられると痛感した、というくだりがあったと記憶している。

筆者もそれにかなりの部分で同意する。筆者は、信者が医学的な治療や、薬や、検査を一切拒否すべきとまで言うつもりはないが、極力、そのようなものは受けないに越したことはないと考える。そういったものに頼って自分の健康を維持しようとすることは常に失敗に終わる。

たとえば、誰しも分かるように、薬などによって症状が抑えられるのは、ほんの一時的な間でしかない。たとえどんなに小さな傷であっても、患者の体自身に受けたダメージから根本的に治癒する力がなければ、患者が薬を飲み辞めた時点で、また症状が再発するだけなのだ。そのように外側からの影響力に頼って、人間が自分の状態をごまかそうとすることは、回復というよりも、目くらましに近い。薬のせいで、傷があるという事実が忘れられ、さらに、傷が治らないか、あるいは治る見込みが薄ければ、今度は、外科治療によって体の部位ごと切除しましょうという話になる。医師たちから見れば、それこそ「治療」である。だが、もし患者がそれに同意すれば、患者は最初に受けたダメージよりも、はるかに大きなものを永久に失わなければならなくなる。体に必要な部位を切除すれば、体に必要な器官がなくなるわけだから、その悪影響は、何年後かにまた必ず現れて来る。一つの症状は治まっても、今度は体の部位がなくなったことから来る弊害のための「治療」が必要になるのである。

だから、信者は、このような無限ループのようなごまかしに近い療法で満足するのではなく、根本的な原因は何かというところに目を向けて、目くらましの治療ではごまかせないもっと深いレベルまでで、人間ではなく、神によって根本的な治療をしていただかなければならない。人間は常に外からの影響力に頼って問題の本質をごまかし、なおかつ、人間の肉眼で見える証拠しか採用しないので、しばしば判断を間違うが、神はキリストを通して、人間を内側から生かすことのできるまことの命をお与えになっているのであって、その診断は決して間違うことなく、その命は、患者をいかなる外的影響力にも依存させずに自ら立ち直らせる力のあるものである。
 
キリスト者には、地上で様々な圧迫や苦しみが起きて来ること自体は避けられない。どんなにすべての思い煩いを神に委ねているとしても、色々な出来事に対処を求められる過程で、また特にサタンによって引き起こされる様々な問題に立ち向かう上で、極度の憔悴や、疲労困憊に追い込まれることは実際にないとは言えない。だが、信者がそのような圧迫によって起きた状態を、「取り返しのつかない現実」であると考えて、死や、損失を、避けがたいものとして受け入れるか、もしくはそれに信仰に立って徹底的に抵抗して、信仰によってその損失を拒否し、命を選び取るかどうかは、あくまで本人の選択による。

キリスト者はその生だけでなく、死によっても、神を証すべき存在であり、殉教と、サタンの攻撃や不摂生の結果として起きただけの病死や、もしくは老衰などによる死は、決して同列に論じるべき事柄ではない。アブラハムや、モーセがそうであったように、信者は老いてもますます神の命によって支えられ、輝かされるくらいでなければ普通とは言えない。病についても同じことが言える。信者の歩む道は自然の法則によるものではないのである。

だから、もし抵抗できるなら、信者は最後の瞬間まで、病や、圧迫や、死を拒んで、いのちを選び取るべきなのである。それはただ自分が苦しみたくないとか、死にたくないといった自己中心な利益を求めてなされる抵抗ではなく、もしキリストの御名のためならば、いつでも死を辞さない覚悟はあるが、それでも、キリストの死を打ち破った命が、人間をすべての圧迫から救い出すことができ、神は人に死ではなく命を与えるためにこそ人を創造されたのだと、天地の前で生きて証明するために堅く信仰に立って抵抗し続けるのである。

キリストのまことの命が信者を生かすようになると、信者の内側に未だかつてない新たな確信が生まれると共に、信者の滅びゆく肉体の幕屋にも新たなエネルギーが注がれる。

キリストの十字架の死と復活に信者があずかることは、信者の生涯で決して一度では終わらない体験であり、この原則は、信者の人生に極めてダイナミックな出来事の形を通して適用されることもあれば、そうでないもっと些細な出来事によって適用されることもある。

だが、表面的な見え方がどのように違えど、地上におけるごくごく軽い患難を通して、永遠の重い栄光にあずかることは、信者の生涯に渡る絶え間ない体験である。 文字通り、自分が地上で受けるすべての悩み苦しみについて、信者はこの原則を適用することができるのである。

ごくごく最近も似たような体験をしたばかりなので、改めて書いておくと、筆者が、2009年当時に初めてキリストの復活の新しい命が自分を生かしていることを知った時に、真っ先に感じたことは、このまことの命は、たとえ地球が七回核爆弾で滅んでも、それでも滅びないほどまでにとてつもない力を持つ命だ、ということであった。 つまり、この物質世界で起きるどんな脅威をも打ち破るほどの、何かしらのとてつもないエネルギーをもたらす新たな強力な命が、自分自身の力には全くよらずに、自分の内側に存在することを感じたのである。

次に、理解できたのは、こうして信仰によって新しく与えられた御子の復活の命が、筆者自身の脆く弱く朽ちゆくはかない有限な肉体の幕屋にも、絶えずエネルギーを送り込む主電源となっている、ということであった。

当時を思い返すと、十字架の死が霊的に適用されるまでの間に起きた様々な圧迫のせいで、筆者はかなり憔悴していた。その当時はまだ、十字架の死と復活が信者に適用される直前には、多々そのような予期せぬ圧迫が起こることを知らなかったので、多くの出来事が不意打ちのように感じられ、そのために翻弄され、悲しんだり、悩んだりしたせいで、心身が極度に憔悴していたのである。

ところが、主の死に霊的に同形化され、よみがえりにも同形化されると、キリストの復活の命が、はっきりと自分自身の中で働きを始めたのが分かり、そして、その瞬間を境に、それまで死に向かって処刑台を行進させられる囚人のように憔悴の一途を辿っていた心身が解放され、肉体は強められて健康に回復され、疲弊していた魂は新たなエネルギーを得て生き生きとし、生きた人間として自分がまるごと刷新され、活性化されたのが分かるのである。

サタンの圧迫によって苦しめられたり意気消沈していた魂はたちまち健康を取り戻し、体には食欲の増進が起き、あらゆる食べ物が極めて美味に感じられ、体がそれまでの霊的死のために通らねばならなかった疲労状態から回復するために、急速にエネルギーを回復している様子が分かった。だが、それは決して病的な傾向ではなく、真に健康であるがゆえに、食事を楽しむことができるという幸福なのである。そして、採った食べ物が、どんなストレスにも妨げられることなく、体を生かすための栄養源になるという幸福な状態なのである。

幾度も書いている通り、信者の人生には、しばしば、十字架の死と復活の原則が適用されるために、思いもかけない激しい戦いのような出来事が起きることがある。十字架の死を迎える瞬間までは、信者はまさに死のクライマックスに向かって自分が行進をさせられているかのように感じ、まるでこの世全体が自分にスクラムを組んで敵対しているのではないかとさえ感じるであろう。

しかし、それが、何ら予期せぬ出来事でもなく、思いもかけない不審な事柄でもなく、ただキリストと共なる霊的死にあずかるために、信者が避けて通れない軽い患難、小さな杯であることが分かれば、信者は、そういう事柄に心を煩わせる必要が全くないことを理解するであろう。それは、自分の信仰が試されているだけであり、その苦しみの先には、はかり知れない栄光が待ち受けていることを、まだその苦しみが終わらないうちから、大胆に確信でき、天の褒賞にあずかる喜びを楽しみにさえすることができるようになる。そして、実際に信者が御子の復活に同形化されると、かつての苦しみによって受けたすべての損失が嘘のようにそれを補って余りあるほどの回復、祝福にとって代わる幸いを見ることができる。
 
苦しみによってダメージを受けた心や体が回復されるだけでなく、さらに、失われたこの世の富も、回復されるであろう。信者に与えられた新しい神の命は、すべてを統治・支配する命であるから、信者のために必要な全てを(肉体のエネルギー源のみならず、生活の必要の全て、また信者の心の願いを)自然な形で供給することができると分かるはずである。

キリストは地上におられた時、何も財産を所有しておらず、職業を持っておらず、生計を立てるための具体的手段を持っておられなかった。それにも関わらず、神の国の宣教は、信仰によってのみ支えられたのである。こうして、今日、キリストだけでなく、信者自身も、持って生まれた権勢、自己の力で築き上げた権勢によらず、生まれつきの才覚や、後天的に獲得した優れた能力によらず、職業的な専門技術によらず、親族や知人のコネに頼らず、神への信仰を生きて働かせることだけによって、すべての必要を神に供給していただくのである。
 
キリストはご自分も肉体を持っておられ、人としての弱さを知っておられたにも関わらず、決してご自身の必要のためだけに人々に関わられたり、懇願されることはなく、むしろ、常に人々に豊かに与える側に回っておられた。そのキリストが信者の内側に住んで下さることは、キリストが地上におられた時にすべての必要をただ信仰を通して神によって供給していただいたのと同じ法則性が、信者の内に生きて働くことを意味する。

だから、 「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じて、バプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。」(マルコ16:15)という命令を実行する力と条件を信者に与えるのは、神の側の仕事なのである。信者はただ信仰を働かせ、すべての必要をイエスの御名によって父なる神にかなえていただくのであり、それを実際に可能にするのが、信者の内に住んでおられるキリストの支配する命である。

また、その命は霊であり、その中に神と信者との交わりの中心がある。そこで、信者はキリストの復活の命を知ると、それまでのように、神との交わりを求めて自分の外をさまよい、神を知るためにあれやこれやの指導者を訪ね歩く不安に満ちた生活から、ただ自分自身のうちに住んでおられるキリストへと平安のうちに関心を転換することができる。
 
どんな時にも、信者は自分は心の内側で、聖なる御座へ進み出て、誰をも介さず、神に直接、全てを願い求め、祈り、交わることができる。自分の霊の内側に祭壇があって、そこで、いつでもキリストを通して、どんな問題についても、父なる神に直接、祈り、相談し、求めることが可能になるのである。神はもはやどことも知れない遠くにおられて、自分をいつでも見捨るかも知れないような不確かなお方ではなく、たとえ目で見られず、耳で聞こえず、肌で感知できずとも、生涯の終わりまで、共にいて下さり、信じる者を力強く守って下さり、すべての必要を満たして下さる方であり、信者は、祈る時にはいつでも天に直結してその願いが聞き届けられていることを知る。

だが、このような命が信者に与えられているのは、ただ信者一人だけの満足のためではない。信者は自分自身がキリストの復活の証人として世に出て行く使命を負っているのであり、そのためにこそ、主と共に死からよみがえらされて証人として立たされているのである。

キリスト者が伝道するのは、多くの信者たちが誤解しているように、教会組織の人数や権勢を拡大するために、神を求めていない人の関心をあの手この手で引こうとすることとは断じて関係がない。キリスト者が人々に奉仕する意味も、自己変革によって神に到達するための精進などでは決してない。すでに、全ての全てであられる方を内に得ているのに、何のために自己変革などするのか。信者がもし自己変革などを目指すとすれば、それはただ地上において、軽い患難を耐え忍ぶことを通して、重い天の栄光があることをより深く知り、より深くキリストの十字架の死と復活に同形化されて、内に住んでおられるキリストと深く交わり、この方への愛を深め、御子に似せられて行くことのためだけである。だが、それは信者が何かしら偉大な人格者へと変えられることにより、世から賞賛を受けることとは何の関係もない事柄である。
 
キリスト者が世に出て行くのは、世に自分の欠乏をかなえてもらうためではなく、世の欠乏をかなえるためでもなく、むしろ、惜しみなく与えることを願うキリストの命を注ぎだすことにより、神の召しに応え、神の愛を全うするためなのである。

こうして、信者が自分自身を注ぎだすのは、まず第一に神のためであり、信者がまだ反抗的な罪人であった時に、信者のためにすべてを捨てて下さった方の愛に応えるために、自分自身も彼にならって、この方にすべてを捧げるのである。だが、それが成就した時に、実に不思議な形で、信者自身の地上的な必要も満たされ、また、多くの場合、信者をとりまく人々の必要も満たされるのを信者は知るであろう。その順序は決して逆にはならない。

もし信者が神のために一切のものを留保せずに惜しみなく捧げ切ることができれば、この地上で信者が神を証して生きるために必要なその他の一切は、すべて自然に与えられる。まるでそうしたものは、全く取るに足りない付属物に過ぎないもののように、軽やかに、ごく自然に、悩みなく与えられ、成就するのである。

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイ6:33)


<追記>

今日、この記事を急いで書き上げて、用事を果たすために出かけたのだが、実はその用事には乗り気ではなかった。果たさなくても良いものなら、果たしたくないと考えており、もし神が十全にすべてに備えを下さっていることを信じるならば、奔走しなくて良いという感じがしていた。

それにも関わらず、出かけると、案の定、その用事は空振りに終わり、ついでに帰り道でさんざん道に迷わされた。そこで、改めて、神の御前に、決して「ながら」ではなく、きっちりと姿勢を正し、時間に制限をつけずに、自分のすべてを「注ぎだす」決意と態度の重要性を思い知らされ、不信仰を補うために、今、もう一度、この記事に追記している次第である。

これは、筆者の泣き言と思われるかも知れないが、一つの記事を真面目に書くには、ゆうに5時間以上はかかる。どんなに短く、すいすい書けるときにも、何度も見直すので、3時間以上はかかる。時には2日、3日寝かせてから、もう一度推敲する。一つのテーマが心に生まれてから、それが記事の形になるまでには、数週間以上が経過することもあり、書きたくて仕方がないのに記事にならないテーマもある。

あまりにも記事が長く、書くのが手間なので、「ひとこと欄」をもうけた時もあったが、そこに書いた文章の半分以上は、記事の水準に達していないということで、ボツになった。やはり記事を書くためには、どうしても一定の水準が必要なのである。しかも、それは論理構成力や文章力ではなく、霊的な意味における「高度」であり、つまり、信仰の水準が必要なのである。

だから、このブログの記事に何の意味があるのかと問う人があるかも知れないが、それでも一定のふるいわけは存在するのである。全力を出そうと思えば、更新頻度はそれだけ遅くなる。その上、当然のことであるが、報酬などない。この記事の対価として筆者が地上で受けとれるのは、長文ゆえの悪評や、望ましくない誤解や偏見だけである。むろん、好評の意見やコメントをもあったのだが、今はそういうものも受けつけていないせいで、もはや読者からの励ましを糧に記事を書いてもいない。

一体、なぜそこまでして書き続けているのかと言えば、天に備えられた栄光があると確信しているからであり、また、つまらない誤解や偏見に圧迫されて、信仰告白を放棄しているような曖昧な生き方はしたくないと思うためであり、また、何よりも、筆者自身が記事に向かうことで、自らの信仰の姿勢を正されるからである。

他のどんなことよりも、自分自身の霊的姿勢を正すこと、神ご自身から教わることを益として書いていると言っても良いかも知れない。つまり、ぼんやりした意識のままでは決して分からなかったであろうことを整理させられ、自分が第一に求めているのは何なのかを常に思い起こさせられ、ここで意見表明したことを、机上の空論に終わらせず、実人生で実際にしなければいけないという責任が生じ、なおかつ、筆者自身が神の光に照らされ、教えられることが無数にあるためである。

しかしながら、仮に筆者がどんな学びや教訓を得たとしても、人間が栄光を受けることなく、神が栄光を受けられることこそ、本ブログの最終目的である。だから、神への愛や信頼を表明すること、神がどれほど信じる者にとって憐れみに満ちた確かな助け手であるかを表明し続けることは、信者が生きている限りの義務であると考えている。

だから、記事のために費やした時間を浪費であるとは、筆者は考えたことがない。さらに、本日、空振りに終わった用事と道に迷ってロスした時間が合計3時間くらいであったことを思うと、その時間を最初から真剣勝負で記事に当てていれば、もっと有意義な時間が送れただろうと思う次第である。

全くもって、人間は目に見えるパンだけで生きているわけではない。神から受ける御言葉のパンこそ、信じる者を生かす本当の命である。神から受ける照らしを重んじ、主の山に備えがあることを信じ、地上の事柄のために奔走しなければ、すべての必要性は天によって備えられる。書いているだけで、行わない人になってはいけない。そうすれば、何事も「空振りに終わる」ことなどない。だが、もちろん、時折、それでも起きてしまう空振りの中にも、神の愛や憐れみは存分に見いだせるのだが…。

ところで、実は、この記事を書いた当初は、記載するかどうかを決めていなかったため、あえて本文に含めなかったのだが、筆者が先の記事でレントゲン撮影について触れたのは、筆者自身が、最近、レントゲン写真の撮影を求められるという出来事が起きたせいでもある。実際に筆者が撮ったのは二枚のレントゲン写真のみなのだが、ここしばらく色々な出来事に奔走させられ、消耗していたので、その間に起きていたごくごく些細な症状が、思いがけず別の症状を引き起こし、そのせいで町医者から大病院を紹介され、あわやもっと大がかりな検査が必要かという直前まで及んだのである。

その検査は快適な大病院に予約済みで、町医者は親切に患者を送り出してくれたが、ちょうどその検査の一、二週間ほど前に、筆者は自分自身に改めて、「十字架の死と復活の原則」が適用されたのが分かった。そうすると、それを機に、体調がみるみる回復して行くのである。それまでには、医者に任せるしかないように思われていた症状が、検査直前までに急速に劇的に緩和し、症状も痛みもほぼ消え、自分の体があまりにも急速に回復しているのが分かったため、筆者は検査を見合わせたのであった。

大病院の医者は「治療もしていないのに治るはずがない」と肩をすくめ、相変わらず混雑している町医者は「せっかく素晴らしい病院を紹介してやったのに、まさかそこでの治療も終えていないのに、こんなところへ戻って来るとは」と迷惑そうな様子であった。だから、残る最後のほんの簡単な医学的処置は、おそらく他所で完了することになると思うが、いずれにしても、問題の症状は98%消え去り、あとの2%も、2週間も過ぎないうちに完全におさまるであろうと予測できるのである。

医者は互いの紹介や面子を重んじ、自分たちの診断を誇り、患者の言い分など聞いても信じないかも知れないが、まるで二週間前の状態が嘘のように、ほぼすべての問題が消え去り、筆者は至って健康に戻ったのである。

ちなみに、筆者が受けようとしていた検査は、放射線をかなりの程度、浴びねばならないという、人体にとって相当に有害なものであった。その直前まで、筆者はそれも仕方がないと思っていたのだが、折しも、筆者が検査時刻を待って、椅子に座っている時に、筆者の目の前に、二人の老人の寝たきり患者がベッドごと連れられて来ていた。そのうち一人は、おそらく意識もなかったと見え、完全な無言状態で、もう一人は、付き添いの看護婦らと雑談を交わす中で、自分は東海村の原発で働いていたのだと語った。その話を耳に挟んだとき、筆者は何とも言えない居たたまれない気分になって、こんなところで悠長に検査を待っている場合ではない、自分はここにいるべき人間ではないから、一刻も早く立ち去らねばならないと感じた。

医者はこういうことは患者たちの神経過敏だと考え、自分の診断や助言に従わない患者は、自己過信しているだけであって、今後どうなっても知らないと宣言するかも知れないが、筆者は、まことの医者を知っているので、最後の最後の判断は常に自分自身で下さねばならないこと、時にはどんな専門家を名乗っていようとも、人間に過ぎない者たちの忠告を思い切って退けねばならない場合があることが分かっている。筆者の述べていることが、単なる神経過敏や自己過信なのかどうかも、わずか数ヶ月のうちに明らかになるであろう。

筆者がここで語っているのは、およそ証明不可能な事柄ばかりであり、それを誇張された文学表現だと思う人もあるかも知れない。だが、筆者はこれまでの人生の過程で、人の病や、被害者意識や、その他もろもろの受けた霊的な傷というものが、まるで感染症のように、他者に簡単に憑依しうるものであること、人の運命が取り代わるうるものであることを理解している。

聖書には、多くの病が悪霊に由来するものであることが書かれているが、筆者の見解では、病に限らず、そのきっかけとなる傷というものも、そのほとんどが悪霊の影響力によるものであり、そのようにして悪霊が人間に病をもたらしている場合には、病が完治した人から悪霊が出て行った場合には、また別の人間にとりつき、餌食にするのである。目に見える客観的な症状しか診ることのできない医者には、病の本当の原因が決して分からない。多くの病は、人の魂の傷口から侵入するのであり、それをもたらしているものは多くの場合、悪霊である。

さらに、聖書によると、エサウが不信仰ゆえにヤコブに長子の権を奪われたように、神から恵みや祝福をいただいていたはずの信者が、不信仰ゆえに、それを他人に奪い取られ、かえって他者の運命を身代わりに負わされることも、あり得ないことではない。犠牲者の運命が別な人間に憑依するといったことは、不信者同士の間では多々起きている。堅く信仰に立って揺るがされないようにしていなければ、人が信仰によって達した恵みが、掠め取られたり、失われるということも起きうるのである。
 
だからこそ、被害者意識を持たないことが、人の心身にとって極めて重要であると筆者は何度も述べて来たのである。なぜなら、そういうもろもろの悪しき影響力に扉を開いてしまう最大の侵入口となりうるのが、人の心に生じた被害者意識だからである。さらに、恐怖心や、不信仰や、キリストの救いの完全性を信じない心、神の御言葉に聞いても従わないことなどが、そういった悪影響の侵入する足がかりになり得る。
 
信者が主と共に十字架の死を経ると、そういうものは取り去られる。おそらく信者が自覚している以上に、心の大掃除がなされ、神にとって望ましくない信者の心の傾向が除去される。神の光の照らしにより、不要なものは殺され、仮にもし何か信者の中にサタンの圧迫を受ける足場となりうるものがあったとしても、それも取り払われるのである。

そこで、信者が病や、傷といったもろもろのむなしい悪影響や、悪霊に寄りつかれたくなければ、そういう悪しき影響力には徹底的に信仰によって抵抗した上で、とにかく神に賛美と感謝を捧げ続けることである。そして、神の勝利と救いの完全性を宣言し続け、これを手放さないことである。これまでの人生に、どのような損失と見える出来事が起きていたとしても、不信仰や自己憐憫や被害者意識などは一切かなぐり捨てて、神こそ、人の受けたすべての損失を補って余りある方であることを信じ、キリストにこそ、完全な人間性が備えられていることを信じ、そのキリストが、信仰によってすでに信者に与えられ、信者自身の内に住んで下さり、信者の諸々の問題について天の神にとりなしていて下さることを信じ、この方にすべてを委ね、それゆえすべての出来事について、喜びに満ちて主を賛美することである。

信者がどれほどの苦境の中にあっても、絶えざる損失を受けているように見えても、大胆に神を崇め、喜びのうちに自分のすべてを神に委ね切って、神から実際にすべての問題の解決を引き出している様子を見ると、地獄の軍勢もそれに対してはどう反論・反証することもできない。
 
この他にも、記さなければならない事件は色々あるのだが、それはもう少し時間が経ってからにしたい。いずれにしても、神の憐れみの深さ、愛の深さ、神の救いの完全性が、信じる者の人生にどれほど豊かに実現するかという話ばかりであるが、同時に、それは決して信者が自分の救いを確固として手放してはならず、不信仰な他人の負うべき報いを身代わりに負わされてはいけないという教訓でもある。信者の信仰は一足飛びに強くなるというわけにはいかないが、神は信者が心から望むなら、一歩一歩、確実に教えて下さる。

PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー