忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

私を宴に伴い、愛の旗を掲げて…

主にある大切な姉妹

暑さが厳しいですね! 食欲がなくなりそうですよ! 姉妹も体調に気をつけて下さいね。

兄弟姉妹の声を電話で聞くと、いつも心からほっとします。疲れていても、不安に押し流されそうな時でも、主にある交わりの中に入ると、生ける水の流れのほとりにいる人のように、安らぐのです。

御身体を通じて流れてくる神の命が、こんなにも、甘く、麗しいとは、知りませんでした。それがこんなにも私を満たし、潤し、生かし、力づけてくれるとは、 考えたことがありませんでした。交わりを通して、崩れ去った私の心の尊厳は立て直され、私は元気を回復し、もう一度、自分の足で立って、歩いて行こうとし ているのが分かるのです。今まで感じられなかった不思議な力が、私を内側から立ち上がらせます。

神の知恵は本当に、私の思いを超えて、不思議で、はかりがたいですね。あらゆる出来事を通して、私は主の愛の中へと導き入れられています。臆病で、ともす ればすぐに物陰に身を潜めて黙り込んでしまうような私を、主はあらゆる出来事を通して、出ておいでと、優しく呼んでおられるかのようです。冬は去り、冷た い雨も止んだ。野には花咲き、こんなにも、日差しは優しいではないかと。

愛する兄弟姉妹の存在は、主が私にお与え下さった宝であり、私の安全基地、心の安らぎです。私があなた方をどれほど愛するようになったか、口で説明しても、多分、誰にも分かってもらえないでしょう。

この甘く安らかな交わりの中心には、主イエスが立っておられます。この交わりの甘さ、安けさは、ただ主のものです。私は主の御腕の上に頭をもたせかけて、 ぐっすりと眠り込む乙女のように、主の愛の中で安らぎ、まるで恋煩う人のように、日が暮れるまで、終日、主を思うのです。

誰も私を呼び覚まさないで下さい、私の心は主のもの。私は主の愛に捉えられて、病みつきになっているのです。彼の思いもかけない、愛に満ちた贈り物のため に、私は気が遠くなりそうです。どうしてそうならないでいられるでしょう。本当に、こんな恵みがあってよいのでしょうか。こんな平安があって良いのでしょ うか。主の愛の甘さ、不思議さは、私の心を捉えて離さず、私の心を地上の全てから奪い去り、彼の麗しさの中に連れ去り、浸し込んでしまうのです。

「若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
 森の中に立つりんごの木。
 わたしはその木陰を慕って座り
 甘い実を口にふくみました。

 その人はわたしを宴の家に伴い
 わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

 ぶどうのお菓子でわたしを養い
 りんごで力づけてください。
 わたしは恋に病んでいますから。

 あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
 右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

 エルサレムのおとめたちよ
 野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
 愛がそれを望むまでは
 愛を呼びさまさないと。
 恋しい人の声が聞こえます。
 山を越え、丘を跳んでやって来ます。
 恋しい人はかもしかのよう
 若い雄鹿のようです。

 ごらんなさい、もう家の外に立って
 窓からうかがい
 格子の外からのぞいています。

 恋しい人は言います。
 「恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。
 ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。
 花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。
 この里にも山鳩の声が聞こえる。

 いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。
 岩の裂け目、崖の穴にひそむわたしの鳩よ
 姿を見せ、声を聞かせておくれ。
 お前の声は快く、お前の姿は愛らしい。」

 狐たちをつかまえてください
 ぶどう畑を荒らす小狐を。
 わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

 恋しいあの人はわたしのもの
 わたしはあの人のもの
 ゆりの中で群れを飼っている人のもの。
 
 夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
 恋しい人よ、どうか
 かもしかのように、若い雄鹿のように
 深い山へ帰って来てください。」(雅歌2:3-17 新共同訳)



PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー