忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

あだを報いられる神よ

我が主よ、私は自分の義にはより頼みません。私の行いにもより頼みません。私の思いにも、感情にも、立場にも、義憤にも、愛にも…。私の最も美しい理想でさえも、あなたは十字架で死に定められたのです。アダムの命に属するものは全て、キリストの十字架で死に渡します。

主よ、告白します。私が主の戦いのためにどんなに迫害され、何をなげうったとしても、その犠牲も、虚しいものです。あなたのために捧げた犠牲のどれ一つとして、私を義とするものはありません。

主よ、我が義はキリスト、あなただけです! 罪ある私たちのために、罪なくして十字架にかかられた尊い贖いの子羊、ただあなただけが私たちの義です! あなたの血潮は、あなたの御前に罪を認めて進み出る者のために、今日も、そして永遠に流れています!

羊の門は主イエス・キリスト、この方以外にありません。この方の十字架の血潮を通らずして、私たちには罪から逃れる方法はありません。門以外の所から入って来る全ての人は強盗であり、殺人者なのです。

私たちは子羊の血の中に隠れます。どうか私たちの罪に満ちたアダムの命に対して、キリストの十字架を実際として下さいますように、私たちの自己の罪深さ を、そして、人の生まれながらの思いや計画が、たとえどんなに理想的に見え、どんなに正しく聞こえようとも、その全てが汚れており、神の知恵に逆らった虚 しいものであることを、教えて下さいますように。

主よ、私たちは自分の義を否定して、ただあなたの義だけにより頼んでお願いします、御言葉を成就し、神の裁きの正しいこと、悪しき者の最後が滅びであるこ とを、全世界の前ではっきりと見せて下さい。神の権威に逆らって、己の欲望を神とし、高ぶって偽りを述べる不義なる者に、どうか、何重にも、あなたが叱責 の言葉を下して下さいますように! その言葉が偽りであり、その欲望が罪であることが世に公然と明らかにされますように!

主よ、私たちも大いなる罪人として主の御前に出ます、私たちは子羊の血潮の中に立っています。どうかあなたが私たちの罪を血潮によって清めて下さいますよ うに。自己の汚れから救って下さいますように。私たちが一瞬でも自己に信頼し、自己をより頼もうとしたその罪をお赦しください。しかし、御血に隠れる者全 てをあなたが義として下さいますように。そして、血潮を否定し、十字架を否定し、己を神とする者たちの罪を明らかにして下さいますように。それにより、全 ての膝がかかめられ、全ての肉なる者が御前に静まり、ただあなただけの栄光が誉め讃えられますように!

主よ、私たちは塵に過ぎません、あなただけが誉め讃えられるべきお方です!私たちはキリストの主権に服し、膝をかがめてあなたを誉め讃えます。

「あだを報いられる神よ、主よ、
 あだを報いられる神よ、光を放ってください。
 地をさばかれる者よ、立って
 高ぶる者にその受くべき罰をお与えください。

 主よ、悪しき者はいつまで、
 悪しき者はいつまで勝ち誇るでしょうか。
 彼らは高慢な言葉を吐き散らし、
 すべて不義を行う者はみずから高ぶります。

 主よ、彼らはあなたの民を打ち砕き、
 あなたの嗣業を苦しめます。
 彼らはやもめと旅びとのいのちをうばい、
 みなしごを殺します。

 彼らは言います、『主は見ない、
 ヤコブの神は悟らない』と。
 民のうちの鈍き者よ、悟れ。
 愚かな者よ、いつ賢くなるだろうか。
 耳を植えた者は聞くことをしないだろうか、
 目を造った者は見ることをしないだろうか。

 『もろもろの国民を懲らす者は
 罰することをしないだろうか、
 人を教える者は知識をもたないだろうか。

 主は人の思いの、むなしいことを知られる。
 主よ、あなたによって懲らされる人、
 あなたのおきてを教えられる人はさいわいです。
 あなたはその人を災いの日からのがれさせ、
 悪しき者のために穴が掘られるまで
 その人に平安を与えられます。

 主はその民を捨てず、
 その嗣業を見捨てられないからです。
 さばきは正義に帰り、
 すべて心の正しい者はそれに従うでしょう。

 だれがわたしのために立ちあがって、
 悪しき者を責めるだろうか。
 だれがわたしのために立って、
 不義を行う者を責めるだろうか。
 もしも主がわたしを助けられなかったならば、
 わが魂はとくに音なき所に住んだであろう。

 しかし『わたしの足がすべる』と思ったとき、
 主よ、あなたのいつくしみは
 わたしをささえられました。
 わたしのうちに思い煩いの満ちるとき、
 あなたの慰めはわが魂を喜ばせます。
 
 定めをもって危害をたくらむ悪しき支配者は
 あなたと親しむことができるでしょうか。
 彼らは相結んで正しい人の魂を責め、
 罪のない者に死を宣告します。

 しかし主はわが高きやぐらとなり、
 わが神はわが避け所の岩となられました。
 主は彼らの不義を彼らに報い、 
 彼らをその悪のゆえに滅ぼされます。
 われらの神、主は彼らを滅ぼされます。」(詩篇第94編)
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー