忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

霊と魂の切り分けについて(3)

さ て、なぜ霊と魂との切り分けに反対する者が、今日、これほどまでに多いのか、なぜ暗闇の勢力は、この真理をクリスチャンの目から覆い隠そうとするのか、私 達クリスチャンがキリストにある新創造として生きるために、私達の魂が主によって取り扱われることがどれほど重要であるか、私達の魂が主と共なる十字架を 経ないなら、どれほど恐ろしい危険に直面するか、明確に説明している文章を引用します。

ペンルイス夫人著、『魂と霊』から、第三章「いかにして霊と魂は切り離されるか」より

贖われた人が新しくされる過程では、肉の命であれ、魂の命であれ、堕落した命の要素が活発なままの方が、悪の軍勢にとって好都合なのですなぜなら、「霊的」になるにしたがって、信者はますます栄光の主と霊の中で実際的に結合されるようになり、それゆえますます悪霊どもの力を逃れ、彼らを認識し、彼らと戦うために装備されるようになるからです。

しかし最初に、次のことをはっきりと認識しなければなりません。「堕落」は、堕落した大天使であるサタンの嘘を信じた結果でした。そして、サタンが成功し た時、堕落した人類の中に毒が入り込みました。その毒は人のあらゆる要素中を巡っています。これによりサタンは、人の三部分すべてに出入りする力を得まし た。

すなわち、
(a)堕落した霊は神に対して死んでおり、暗闇の君によって支配されている地獄の暗黒の霊の世界に対して開かれています。
(b)知性、想像、思い、意志、愛情を含む魂は、最初のアダムの堕落腐敗した命によって支配されています。
(c)それゆえ、体と魂のすべての部門は、毒殺者の力に対して開かれています。

こういうわけで、使徒ヨハネは率直な言葉で、「全世界は悪しき者の中に横たわっています」(ヨハネの第一の手紙5章19節)と宣言しています。

堕落した人は、神の御子の命の血によって贖われる必要があるだけでなく、暗闇の力から神の御子の王国の中へ実際に移される必要があります。そして、罪の力と動物的な魂の命の力から解放されることにより、霊から始まって、存在のすべての領域を段階的に実際に新しくされる必要があります

最初の創造がとても素晴らしい働きだったように、再創造も真に素晴らしい働きです。被造物は、動物的魂と動物的肉の中にまったく落ち込んでしまいましたが、再創造によってふたたび霊の領域の中へ引き上げられ、霊に魂と体を治めさせるようになります。三位一体の神だけが再創造の働きを成し遂げることができました。御父は御子を与え、御子は彼の命を与え、神の霊は三位一体の御旨を成就するために忍耐と愛をもってご自分をお与えになりました。

暗闇の君は、人が束縛から解放される過程をことごとく邪魔します。これは容易に理解することができます。私たちは、暗闇の君の力に対して開かれている堕落した創造の要素を、はっきり知る必要があります。暗闇の君が再生されていない人を完全に支配していることを、エペソ人への手紙2章2節ははっきりと示しています。使徒はその所で、「肉と心の欲望」(魂的生活)を行う「御怒りの子ら」は完全に彼に支配されている、と述べています。ですから、人の霊が命によみがえらされ、罪の力から解放されても、魂の命と肉体の要素は悪の軍勢に対して開かれています

 (つづく)
 
 



コメント

無題

おはよう+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ ビオラさん

今日も素敵な朝です!姉妹の祝福を祈っています。

>主が我が家になして下さった十字架の御業は、ゆるぎないものでした。家族みんなで和やかに食卓を囲み、心安らぐひと時を過ごしています。

この言葉を読んだ時に、内側から喜びが湧き上がってくることを感じました。なんて主は素晴らしいのでしょう!本当に嬉しいです。
主の真実を心から褒め称えます!

それに渡り蟹と聞いて、私の目が釘付けになってしまいましたよ~!!笑
なんて素敵なお値段、そして、姉妹と共にいただいた日のことを思い出して、なんだかまたうれしくなってしまいました。

きっと蟹を見るたびに、姉妹との交わりを思い出すような気がします。

>とても厳粛な喜びに打たれました。もはや、雨が降らないように…、なんて次元の話ではないのではないだろうかと思いました(それも重要なのはわ かっていますが)。姉妹が洗礼を受けること自体が、私達にとって、いや、全世界にとって、いや、天にとって、どれほど奇跡のようにはかりしれない喜びであ るでしょか

アーメン!洗礼がこれほどまでにの厳粛な喜びが伴っているものだということに、今回ほど感じさせられたことはありませんでした。

>世から見れば、生きる希望が見出せないほどの耐え難い苦しみの中に、たった一人取り残されていた小さな魂に、主は目を留めて下さり、彼女を救いへと導いて下さいました。

アーメン、アーメン!!この言葉の中に、主の大いなる御心が現されていることを、心震えるほどに感じさせられ、涙が溢れてきます。
もっとも小さな、最もこの世からは取るに足らないかのように扱われているいのちの中に、主の愛が余すところなく注がれていること、その愛に圧倒させられるのです。


そして今回起こっている様々な出来事を通して、姉妹のおっしゃっているとおり、霊と魂の切り分けの真理が、今までのような、ただの知識としてでは なく、その実際に御霊の取り扱いのもとに置かれ、激しい程の迫りとなってとなっていることが、姉妹との交わりを通して深く深く感じさせられているのです。

自分のうちにある「自己の座」生まれながらに自己を喜ばせることを願う自分がいることに、光が当てられたことは、私にとって主の一方的な憐れみでした。なんと欺きの中に生きてきたことでしょう。

それでもどうしようもない自分がそこにいる、エレミヤ17章の御言葉そのものです。そして直面させられているのです。
しかし、イエスキリストのゆえに感謝します。
>十字架によって死に渡され、私達の魂も、キリストの十字架の御業により、深みまで、御霊によって新たにされて、真に神にかたどって作られたキリストを着せられて生きる必要があること、それが可能であるばかりか、主の御旨である・・

ハレルヤ!!ハレルヤ!

ビオラさんを通して、これほどまでに証される主の御言葉が、雪崩のような喜びを伴って
嬉しくてなりません。

一連の出来事のうめきの中で、真に御言葉が証されるためであったということを今朝感じさせられています。闇が深いほどに、真理の光は強く輝き出るのですね。

これほどまでに御言葉の実際の中に、御霊が引き寄せられようとしていることを、畏れとともに、主を心から礼拝いたします。

いのちの光を証するのはいのちそのもの。
いのちにはその力がある。それを信じます。

そのために、弱く、低くされた、明け渡された器を主が探しておられる。いのちを証するために・・

そのとき、わたしは主の御声を聞いた。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」

わたしは言った。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」

イザヤ書6:8~

 
【2010/10/13 07:34】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[〼]

Re:無題

candyさん

記念すべき最長のコメントをありがとう!こんなに沢山書いていただいたのは初めてなのでうれしいです。返信遅くなりました。

霊と魂については今後も書いていく予定ですが、正直に言うと、私自身もまだまだ十字架の取り扱いを受けている最中であり、この話題を扱うことにはためらいがなかったわけではありません。

ところが、今朝早速、candyさんからお電話をいただき、どんなにこのテーマが重要であり、明確な説明が求められているかを、まるで主ご自身が即答で後押しして下さったようにさえ感じられ、私にとってもびっくりでした。

キリストかセルフか、この問題は今後、私達クリスチャンにとってますます重要となって来るだろうと思います。クリスチャンでありながら、自分の魂 のうちに潜む罪を認めず、自己を十字架に渡して、御霊に服すことをせず、逆に己を神として生きてしまうならば、どんなに痛ましい結末に至るか…、その事例 は枚挙に暇がありません。私にできることは少ないですが、このテーマについては可能な限りの努力を払いたいと思っています。

さて、
>もっとも小さな、この世からは取るに足らないかのように扱われているいのちの中に、主の愛が余すところなく注がれていること、その愛に圧倒させられるのです。

全くその通りですね。ともすれば、この世から取るに足らないかのように扱われていたことが過去のように思われ、自己安堵の中に安住しそうになりま すが、しかし、主は常に私たちをより小さき者へ、より低い者へと案内なさることにより、私達が真に他者に仕えるへりくだりを学ぶようにと教えておられるこ とを感謝します。

本当に弱さの中にある時、人は叫びさえ上げられないほどに沈黙させられています。しかし、主はそのような人々の、声にならない叫びに耳を傾け、愛を届けるために、いのちの御霊を流しだす管となる僕を探しておられると思います。

>そして今回起こっている様々な出来事を通して、姉妹のおっしゃっているとおり、霊と魂の切り分けの真理が、今までのような、ただの知識と してではなく、その実際に御霊の取り扱いのもとに置かれ、激しい程の迫りとなってとなっていることが、姉妹との交わりを通して深く深く感じさせられている のです。

そのように感じていただけるとすれば、それは主のはからいとして本当に感謝です。自己が取り扱われる過程は痛みに満ちており、私自身にとっては、 快適なものではありません。主は環境を通して、また兄弟姉妹を通して、あるいは試練や迫害等を通して、私達の自己を取り扱われますが、取り扱いの最中にあ る時は、それはただ大きな苦しみ以外の何でもないように思われがちです。周囲の人々さえそのように思い、ヨブの苦難をあざけった妻のように肩をすくめがち です。

けれども、試練と苦難の中でも信仰を持ち続けるならば、一つの出来事が過ぎ去った時に(いいえ、渦中にある時にも)、そこで確かに主の御手が働いていることを確かに理解し、喜ぶことができるのです。

>自分のうちにある「自己の座」生まれながらに自己を喜ばせることを願う自分がいることに、光が当てられたことは、私にとって主の一方的な憐れみでした。なんと欺きの中に生きてきたことでしょう。

同じくです。自分の魂の腐敗に嘆き悲しむことさえ忘れている我が身の無感覚さを思います。自己は絶えず十字架に服さねばなりません。それが、日 々、十字架において自分の魂の命を拒むという事なのでしょう。しかし、自分で自分を吟味したり、対処できる人は誰もおらず、私達は大祭司なる主イエスを信 頼して自分を主に委ね、御言葉が実際となるのを待ち望むのです。

事は一瞬で成就することはなく、きっと長い行程になるでしょう。けれども、問題が発見されたなら、それが光によって取り扱われる日も近いのです。きっと主は私達の心の願いを喜んで受け取って下さると信じます。

>一連の出来事のうめきの中で、真に御言葉が証されるためであったということを今朝感じさせられています。闇が深いほどに、真理の光は強く輝き出るのですね。
>これほどまでに御言葉の実際の中に、御霊が引き寄せられようとしていることを、畏れとともに、主を心から礼拝いたします。
>
>いのちの光を証するのはいのちそのもの。
>いのちにはその力がある。それを信じます。

>そのために、弱く、低くされた、明け渡された器を主が探しておられる。いのちを証するために・・
>
>そのとき、わたしは主の御声を聞いた。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」
>
>わたしは言った。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」イザヤ書6:8~

candyさん、ありがとう。暗闇は深いですが、私達はいのちとして、真理をこのいのちの中に刻み込まれ、作り込まれたいと願います。キリストに あって神のうちに隠されているいのちそのものとして、この生き様を通して、まことの命なるお方を証し、光なるお方を証する器として、ともし火をかざして立 ち続ける者でありたいですね。

「すべてのことを、つぶやかず疑わないでしなさい。それは、あなたがたが責められることのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあっ て、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:14-15)
【2010/10/13 17:08】
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー