忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

我が命の砦なる主

兄弟姉妹との交わりの中で、主の命の喜びに十分に浸されながら、語り合うことのできる幸い。このような交わりが与えられているとは、何と喜ばしいことでしょう。

もはや恐れるものはありません。どんなに孤独の中を通らされても、どんなに大切なものをことごとく失っても、どんなに大勢の人から誤解され、見放されて も、主は決して私を見捨てられず、世の終わりまで私と共にいて下さいます。それだけでなく、主が血によって結び合わせて下さった兄弟姉妹も共にいるので す。

私たちは、世に勝った方が自分の内にいて下さることの意味をどれくらい知っているでしょうか? 子羊の血と証しの言葉によって勝利することの意味をどれく らい知っているでしょうか? 自分の力では太刀打ちできない試練が襲いかかる時にも、私がただ自分の十字架を取って主に従いさえするならば、私の自己が残 らずキリストの十字架に死に渡されることに同意しさえするならば、束の間の苦しみの後で、主は前よりもさらに多くの、溢れるばかりの祝福で私を覆って下さ います。そして、私の失われた尊厳を、ご自身の勝利によって取り返して下さり、主の僕を告発した敵どもは、御言葉であり、岩なるキリストにぶつかって微塵 に砕け散り、自ら暗闇の中でつまずき倒れるのです。

ただ、私たちはいつも駱駝が針の穴を通るようにして、小さな穴をくぐりぬけねばなりません。それは痛みを伴う十字架です。この世の沢山の荷物をぶら下げな がら、その穴をくぐり抜けることはできません。自分だけ無傷できれいなままで、その穴をくぐり抜けることはできません。世を友として十字架の向こうに渡る ことはできません。十字架の向こうに持って行くことができるのは、信仰によって生み出される朽ちない宝だけであり、この世の富はその向こう側に何一つ渡れ ないのです…。たとえ人の目にどんなに素晴らしい知恵、美徳であっても、人から出たものは十字架を通過することはできません、キリストから出たもの、永遠 に朽ちない宝だけが、十字架を通過することができるのです…。

多くの人たちが十字架の前で踵を返して去って行きます。多くの人たちが真理に耐えられず、虚偽を信じてつまずき倒れます。多くの人たちが荷物を持ちすぎて 穴をくぐることができません。多くの人たちが自己を愛しすぎて十字架のテストに耐えられません。つらい別れが何度もやって来て、裏切りがあり、苦しみがあ ります…。自己を愛する人々、真に十字架を経過したくない人々は、何と巧妙に十字架の意味を曲げようとし、また、激しく十字架に敵対することでしょう!

しかし、不思議です、私が主と共なる十字架の死を受け入れる時、その死によって私は孤立したり貧しくなるどころか、なぜか、思いもかけない恵みが後を追っ て走って来るように、人の思いをはるかに超えたところで、キリストの命が自然にあふれ流れ出すのです。キリスト者が御名のゆえに味わわなければならない苦 しみの深さをどんなに覚悟しても、それでも、喜びと平安が後を追って走って来るのです。私は何も持っていません、けれども、キリストにあってすべてを得て いるのです。

敵が陣を敷いて私たちを取り囲むことがあります。しかし、主が共におられるのですから、恐れるものはありません。そして、神は御旨にかなった人々を常に私 の前に置いて下さり、そして、これらの人々が、主の血によって一つとされており、まことの命によって結ばれていることを、不思議な方法で、何度も何度も、 確かめさせて下さるのです。

キリスト者は一人ではありません。たとえ悩みの中を一人ぼっちでくぐらされることがあったとしても、その時に、私たちが世を避けて、敵を避けて、追いつめ られて、涙の内に駆け込んだ主の懐、私たちの霊の内に主が設けて下さった至聖所、その避け所の中に、私たちは御霊によって、永遠の御国がすでに到来してい るのを見るのです。そこに、命と平安があります。そこに、主の御霊との交わりがあります。そこに、主が御顔を輝かせて下さいます。

我が魂よ、強くありなさい。雄々しくありなさい。主によって選ばれ、主に愛される者とされた幸いを味わい、楽しみ、元気づけられなさい。主のご計画の確か さを信じなさい。主の御言葉のどれ一つとして、むなしく地に落ちることはないのです。主よ、どうかあなたが御顔の光を私に輝かせて、御言葉によって私を照 らし、聖別して下さいますように。


主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。
主は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。
悪を行う者が私の肉を食らおうと、
私に襲いかかったとき、
私の仇、私の敵、彼らはつまずき、倒れた。
たとい、私に向かって陣営が張られても、
私の心は恐れない。
たとい、戦いが私に向かって起こっても、
それにも、私は動じない。

私は一つのことを主に願った。
私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
主の麗しさを仰ぎ見、
その宮で、思いにふける、そのために。

それは、主が、
悩みの日に私を隠れ場に隠し、
その幕屋のひそかな所に私をかくまい、
岩の上に私を上げてくださるからだ。

今、私のかしらは、
私を取り囲む敵の上に高く上げられる。
私は、その幕屋で、喜びのいけにえをささげ、
歌うたい、主に、ほめ歌を歌おう。

聞いてください。主よ。私の呼ぶこの声を。
私をあわれみ、私に答えてください。
あなたに代わって、私の心は申します。
「わたしの顔を、慕い求めよ。」と。

主よ。あなたの御顔を私は慕い求めます。
どうか、御顔を私に隠さないでください。
あなたのしもべを、
怒って、押しのけないでください。

あなたは私の助けです。
私を見放さないでください。見捨てないでください。
私の救いの神。
私の父、母が、私を見捨てるときは、
主が私を取り上げてくださる。

主よ。あなたの道を私に教えてください。
私を待ち伏せている者どもがおりますから、
私を平らな小道に導いてください。
私を、私の仇の意のままに、させないでください。
偽りの証人どもが私に立ち向かい、
暴言を吐いているのです。

ああ、私に、
生ける者の地で主のいつくしみを見ることが
信じられなかったなら。――
待ち望め。主を。
雄々しくあれ。心を強くせよ。
待ち望め。主を。

(詩篇第27編)
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー