忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日夜兄弟たちを神の御前で訴える者

今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現れた私たちの兄弟たちの告発者、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。

兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった

それゆえ、天とその中に住む者たち。喜びなさい。しかし、地と海とには、わざわいが来る。悪魔が自分の時の短いことを知り、激しく怒って、そこに下ったからである。」(黙示12:10-12)


悪魔の主要な特徴はクリスチャンを告発することです。ですから、四六時中、偽りによってキリスト者を告発し、圧迫し続けるような者は、まさにサタンの特徴 を帯びているのであり、その悪しき行動と思いによって、自分が身も心も悪しき霊によってとりこにされ、占領されていることをはっきりと示しています。

しかし、ハレルヤ! キリストと共に死に、よみがえり、御座に引き上げられ、天に住む聖徒たちには、あらゆる悪しき力に打ち勝ち、蛇を天から投げ落とす権威が与えられています! そして神の国の到来と共に、悪しき軍勢は天から投げ落とされているのです!

「さて、七十二人が喜んで帰って来て、こう言った。「主よ、あなたの御名を使うと、悪霊どもでさえ、私たちに服従します。」

イエスは言われた。「わたしが見ていると、サタンが、いなずまのように天から落ちました。確かに、わたしは、あなたがたに、蛇やさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けたのです。だから、あなたがたに害を加えるものは何一つありません

だがしかし、悪霊どもがあなたがたに服従するからといって、喜んではなりません。ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい」。 」(ルカ10:17-20)


私たちは告発者を前にする時、何をすれば良いのでしょうか? ただ十字架のうちにとどまり、安息します。そして、御名の権威を持って敵を叱ります! 

「主はサタンに仰せられた。「サタンよ。主がおまえをとがめている。エルサレムを選んだ主が、おまえをとがめている。」(ゼカリヤ3:2)

告発されているのは、聖徒たちではなく、サタンです! 神は大祭司ヨシュアの前で、サタンを罪定めなさいました。私たちは知っています、サタンと暗闇の軍 勢はすでにまことの裁き主・まことの大祭司の御前で、天の法廷に立たされ、最高の法廷に訴えられたこと、そして、カルバリで、彼らに対する仮借なき有罪判 決が下り、彼らの行く末はすでに火の池に定められていることを!! 

それを知るなら、私たちに何を恐れることがあるでしょう。聖徒たちは、子羊の血と証の言葉に立ち続け、御名の権威により、全ての悪しき力、はかりごとを打 ち破り、天から龍と悪鬼を投げ落とし、御国が地上に来たことを大胆に宣言する権威が与えられているのです! それにより、サタンの不法占拠は終わり、キリ ストの統治がこの地にもたらされるのです! 私たちは天に住む者ですから、喜びましょう、命の書に自分の名が記されていることを喜びましょう!


PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー