忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

御言葉を行う力ある勇士たちよ

今日は仕事を離れて久々にゆっくり休養を取りました。思いのたけを打ち明けて語ることのできる友が与えられている幸いを思います。

毎日めまぐるしい日々が続き、私のできることは日々、少なくなっていきます。自由に思いをめぐらすことも、記事を書くこともままならず、一日のうちに出来 る作業はまことに限られています。これを不自由と呼ぶこともできましょう。私の力は残らず使い果たされます。けれども、私の人生が自分の手を離れ、主の御 手に渡るとともに、なぜだか分かりませんが、恵みが後を追うようにして降り注ぐのです。

私たちが何をしたからといって、主はこれほどまでにかえりみて下さり、良き物を与えて下さるのでしょうか。これが主の功績でなくて何でしょう。兄弟姉妹の交わりはさらに強く、睦まじくされ、人生は新鮮にされ、心は喜びに満ちるのです。

私たちが弱い時にも、主は強いのです! ですから、私は自分に頼ることをやめ、どんな時でも、ただ主を信頼するのみです。たとえ不信仰のゆえに、骨がきし むほどに懲らされることがあったとしても、主の懲らしめは束の間であり、私たちが自己をことごとくキリストの十字架に死に渡すことに同意し、絶えずイエス の死を身に帯びるなら、主は私たちを全ての不義から救い出し、病と死からも連れ出して下さり、私たちの命がたとえ墓に入りかけていたとしても、そこからあ がない出して下さいます。

神は私たちをアダムの命に死なせ、それよりもはるかに良い、キリストのまことの命によって生かしたいと願っておられます。それは死をも打ち破った命であ り、私たちが自分に対して生きるためでなく、神に対して生きるために与えられた命です。神はこの命なる御霊によって、私たちの霊、魂を健やかに守って下さ るだけでなく、私たちの死ぬべき身体をも、守り、生かして下さいます。

私たちはキリストの命のうちにある豊かさ、この命の完全さ、健やかさ、麗しさを、どれくらい味わい知っているでしょう? 神が私たちに恵みと憐みの冠をか ぶらせ、私たちの一生を良きもので満たされることの意味をどれくらい知っているでしょう? なぜ神は、神の戒めを心に留め、御言葉を行う者たちを、力ある 勇士と呼ばれるのでしょう? ああ、私たちはまだ何も知ってはいないのです、御父の愛について、天の宝について、キリストの命の中に隠された無尽蔵の力と 恵みについて。それは私たちがあまりにもちっぽけな自分自身を、自分の思惑だけを握りしめて生きて来たせいです。

どうか主よ、私たちがキリストにあって何を得たのか、この地上にある間、もっと深く味わい知りますように。そして、私たちが主に栄光が帰す者となりますよ うに。主を恐れる者の上にあなたが用意された、とこしえにまで至る恵みを知って、真に自由とされることができますように。それにより、あなたの愛の深さを 知ることができますように。

主よ、あなたは私たちを全ての暴虐から救い出し、私たちのために正しい裁きを行って下さる方です。私たちを隠れた咎や、傷ついた道から連れ出し、私たちの存在の全てを、あなたの命にあって、新しく、健やかなものとして下さい。

わがたましいよ。主をほめたたえよ。
私のうちにあるすべてのものよ。
聖なる御名をほめたたえよ。
わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

主は、あなたのすべての咎を赦し、
あなたのすべての病をいやし、
あなたのいのちを穴から贖い、
あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
あなたの一生を良いもので満たされる。
あなたの若さは、わしのように、新しくなる。

主はすべてしいたげられている人々のために、
正義とさばきを行われる。
主は、ご自身の道をモーセに、
そのみわざをイスラエルの子らに知らされた。

主は、あわれみ深く、情け深い。
怒るのにおそく、恵み豊かである。
主は、絶えず争ってはおられない。
いつまでも、怒ってはおられない。
私たちの罪にしたがって私たちを扱うことをせず、
私たちの咎にしたがって
私たちに報いることもない。

天が地上はるかに高いように、
御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。
東が西から遠く離れているように、
私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。

父がその子をあわれむように、
主は、ご自分を恐れる者をあわれまれる。
主は、私たちの成り立ちを知り、
私たちがちりにすぎないことを
心に留めておられる。

人の日は、草のよう。
野の花のように咲く。
風がそこを過ぎると、それは、もはやない。
その場所すら、それを、知らない。

しかし、主の恵みは、とこしえから、とこしえまで、
主を恐れる者の上にある。
主の義はその子らに及び、
主の契約を守る者、
その戒めを心に留めて、行う者に及ぶ。
主は天にその王座を堅く立て、
その王国はすべてを統べ治める。

主をほめたたえよ。御使いたちよ。
みことばの声に聞き従い、
みことばを行う力ある勇士たちよ。
主をほめたたえよ。
主のすべての軍勢よ。
みこころを行い、主に仕える者たちよ。

主をほめたたえよ。
すべて造られたものたちよ。
主の治められるすべての所で。
わがたましいよ。主をほめたたえよ。
(詩篇第103篇)



PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー