忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

非常事態によって不都合な国民の粛清弾圧を目論む政府の狂気からの脱出

ここ一週間ほど、主が信者にお与え下さった自由の価値を再認識し、復活の命を奮い立たせるひと時を過ごした。KFCの分析が終わった時、一つのミッションを終えたという実感があった。むろん、異端分析などはいくらでも書けるが、より価値あることに取り組まなければならない。

古い楽譜を引っ張り出して、かなり以前に練習をやめていた曲の数々をさらうと、何年間かの空白の間、まるで完全に時が止まっていたかのように、記憶は鮮やかに思い起こされる。三、四日ほどの練習でほとんど元の状態に戻すことができた。一カ月もあれば、以前の水準を超えられるだろうか?

筆者はこれらの曲を、以前、ロシアの大学に通いながら、弾いていたのであった。冬の雪に閉ざされて、景色が白黒のモノトーンになり、退屈を持て余すような時には、美術館を巡るか、オペラやバレエを観に行くか、地下鉄を乗り継いで大学のキャンパスに行って、教室に置いてあるグランドピアノを毎日のように弾く。

講堂いっぱいに音がキラキラと輝くように響き渡り、通りすがりの人々がよく足を止めて聞き惚れてくれた。かの地の人々はみな音楽に対して驚くほど心を開いており、意地悪な批評家のように難癖をつけて来り、人の演奏のできないところばかりを数え上げて値踏みする、ということがない。みな素直に心で聞いて喜んでくれた。

そのような好意的な聴衆が一時でもいたことは、日本の聴衆しか知らなかった筆者の人生に大きな影響を与えた。どこへ行っても、日本とは比較にならないほどの良好な反応を得たのである。そのため、筆者自身の音楽への関心は格段に高まった。日本にいると、同じほど無心に取り組むのは難しい。だが、すべての心の雑音を排除して、当時と同じ思いを呼び起こす。
 
楽曲は、どこへでも持ち運べる見えない傑作であり、人の人生をどこへ行っても鮮やかに彩ってくれる。そのように決して奪われることのない豊かな宝を自分自身の中に蓄積して行こうと考えている。むろん、キリスト者にとっての宝とは第一に御言葉なのだが。

ピアノに限らず、あの当時、筆者が目指していた世界、到達しようと願っていた場所が、再び鮮やかに姿を現して、向こうから近づいて来るような具合だ。永い眠りから覚めて我に返ったように、様々な出来事によって中断されていた願いが復活して、行き着こうとしていた到達点を目がけて再び出発せねばならないと感じる。

もし誰かが自分の命が残り少ないと感じたとすれば、今日という日をその人はどのように過ごすであろうか? 満員電車に乗って通勤して会社に奉公することを第一として生きるであろうか? 

筆者の命にはまだ残りがそれなりにあると感じているが、他方で、我が国の現状はどうであろうか? 将来の亡命に備えるというわけではないが、何かしらの霊的直感が、中断していた色々なことに取り組むようにと筆者に促す。かねてより学ぼうと思っていた外国語の勉強を再開すべきであると感じた。

ずっと何年も前にロシアへ渡った筆者の以前の同僚の人生の歩みが、その決意をさらに後押しした。その人は筆者に向かって、自分の夢は日本では実現できないからロシアへ行く、と言ったのであった。そして、着々とそれを実現している。だが、今やロシアにとどまらず、より幅広く活動しているようであるが。

また、日本の国内情勢が危うくなった時にヨーロッパへの亡命を考えている、という日本人の言説にも考えさせられるところがあった。多分、ある種の身支度を始めねばならないのであろう。
 
筆者はこの間に主に二つの道を問うたが、神はそこにさらに思いがけない第三の道を示された。これまでにまだ踏み出したことのない、新しい道である。それは前々から心の中に存在しており、家人を含め、色々な人々が後押ししてくれていたのだが、筆者は実現をためらっていた。

筆者自身には、ごく人並みの平凡な人生の計画があって、普通の人のように働き、普通の人のように家を買って、普通の人のように、この地に根差して生きるということを考えているのであったが、どうにも「この地に根差して生きる」ということが違うようなのである。つまり、キリスト者はこの地においては寄留者であるが、主は同時に、いつも前人未踏のフロンティアを示される。誰も歩いたことのない、真っ白な雪に覆われた道のように、踏み固められていない道を行けと言われるのである。そしてまた信者自身に、そのようなビジョンがなければならないのである。

筆者に対する人生の法則は、一貫して、教会を離れた時と同じで、人間の作った一切の組織に関係なく、人の思惑によらず、ただ見えないキリストだけを頼りに真に自由に歩むべしというものである。筆者自身には、人間としての様々な好みや、思惑があり、時には、自分のお気に入りの人々、自分のお気に入りの環境、などを周囲に取り揃え、定着したいという願望が起きないわけではない。ひょっとして、主はそれらを許容して下さるだろうかと御心を問う。だが、御心でないものは全て閉ざされるので、自分の人間的な好みや思惑がどうあれ、決してそれらのものに未練を感じたり、後ろを振り返ってはいけないのである。



さて、筆者が自分の人生に専念していたここ一週間ほどの間に、世の中はますます物騒な具合になっているようである。フランスでは非常事態の6カ月延長をもたらした「テロ事件」が起きたが、それもオランド大統領が8ヶ月続いた非常事態宣言を7月末に解除すると宣言した直後の事件であり、どうにもタイミングが出来すぎているなと感じていると、実は、このテロは偽旗で、犠牲者はクライシス・アクターと呼ばれるプロの演技者であったことが指摘された。(「ニース・テロの遺体にマネキンが混じっていた?:戦争勢力の一味・仏NATOが仕組んだ偽旗テロ疑惑浮上、仏白人へのイスラム敵視洗脳工作か 」「新ベンチャー革命」参照。)

また、トルコのクーデターも、エルドアンによる偽旗作戦であると早くも指摘されている(「エルドアンは今や彼自身の陰の政府を運営している: “エルゲネコン II”」「マスコミに載らない海外記事」参照)。一説によるとこのクーデターは米国の手引きだとも言われる(スプートニク)。

天皇陛下の早期退位という筆者が誤報と断定したニュースも、天皇陛下は早期退位を望んでいない(共同通信)との発表にもあるように、知識人らの見解は、この生前退位のニュースは、全く信憑性のない話題作りでしかなく、天皇を退位に追い込みたい官邸の策謀だということで概ね意見が一致している。(たとえば、「「天皇の生前退位」は「改憲への天皇利用」」(「兵頭に訊こう」より))

これらの動きはみな、世界の諸国を独裁と緊急事態へと向かわせるものである。どちらかと言えば、ヨーロッパの方が日本の先を行っている感じがするが、もし日本で緊急事態条項が認められれば、必ず、フランスの二の舞となるであろう。フランスのテロは、緊急事態を永遠に長引かせたい勢力が仕組んだ偽の事件である。今回は6カ月の非常事態延長だと言うが、これからも、同じことが延々と繰り返されるだろうという気がする。

「日本版CIA」に言及 ウィキリークスが暴露」(2016年7月21日23時35分)などというニュースもネットを駆け巡っている通り、 日本版CIA(要するに秘密警察)と緊急事態とは、切っても切れない関係にある。

その関係の不可分性は、緊急事態とはすなわち秘密警察のことだと言っても過言ではないくらいである。以下にも再び説明する通り、筆者が以前に記事「カルト監視機構という名の秘密警察」で書いた通りなのである。最近は、この記事を消し去ろうとするネット右翼の活動が特に盛んだが、よほど政府はこの「秘密警察」という言葉の響きが後ろめたいのであろう。
 
ソビエト連邦は、共産主義政権が樹立されて後ただちに秘密警察を作った。「疎外されし者たちの復讐の哲学~抑圧された社会的弱者が弱さと傷によって絆(連帯)を結ぶ危険③~安倍政権と反安倍政権運動は同一化する~」という記事の中でも指摘したことであるが、その最初の名はチェーカー、反革命・サボタージュ取締のための非常委員会であった。

この「非常」という言葉が曲者である。あくまで常設の委員会ではなく、臨時的な必要性に応じて、束の間、設立されただけで、役目を終えれば即廃止される、と言いたいわけである。ところが、実態は、その名の通りには決してならなかった。その機関は、革命の翌年にエカテリンブルクで皇帝一家を殺害し、その後も絶えず人の生き血を吸っては巨大に成長して行く。やがてOGPU、NKVD、KGBになり、スターリン体制の大粛清の時代にはおびただしい数の人々の人々を抑圧し、死へと追いやった。ソ連が崩壊するまで、この秘密警察は巨大な権力機関として存続し続けたのである。

非常事態というのは、結局、見えないクーデターをごまかし、正当化しようとの隠れ蓑のようなものであって、反革命・サボタージュ取締委員会が非常で終わらずソビエト体制崩壊までエンドレスに拡大を続けながら巨大な抑圧機関として存続したのと同じように、非常事態も、決して一時的には終わらず、エンドレスに続き、その間、権力にとって不都合な人間を監視・抑圧するための抑圧機関が暗躍することになろう。

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の一牧師が提唱した全宗教界を監視するカルト監視機構の政治バージョン、それが日本版CIAの意味するところである。その秘密警察に活動の機会を与えるための緊急事態である。外敵の脅威に立ち向かうという名目で、自国民を弾圧するための抑圧装置がいよいよ公になるのである。

秘密警察とは機関であり、非常事態とは期間の定めであるが、どちらも結局、指している内容は同じで、既存の秩序を転覆させるために、見えないクーデターを正当化し、常態化する体制を作ろうという試みに他ならない。非常事態宣言は、その間に、何かしら成し遂げねばならない目的があるがゆえに敷かれ、そのためにこそ、人権が抑圧されるのである。「公共の秩序を乱す」ような人間は、みな粛清されねばならない、というわけであろう。

そのことは、トルコのクーデター未遂事件が何よりもよく物語っている。全く、今はいつの世紀なのだと思われるような「大粛清」のニュースが数日前までネットを駆け巡った。果たしてそのニュース自体、どの程度額面通りに信ずべきかもよく分からないが、ウクライナでネオナチ政権が誕生した時よりももっとはるかに短期間で過激な粛清が横行した有様は、いかにもこのクーデター未遂事件が、粛清という結果を導き出すために、予め周到に準備された出来事であったという印象を与える。この事件をきっかけにトルコという国が今までとは全く違うものへと変質したことだけは確かであろう。
 

トルコ・クーデター未遂 粛清は4万5000人規模に
2016年07月20日

トルコで先週末に起きたクーデター未遂事件を受け、エルドアン大統領率いる政権は大規模な粛清に乗り出した。これまでに少なくとも4万5000人が拘束されるか解任、もしくは停職となった。

19日には、エルドアン大統領の忠実な支持者でないとみられた人物も粛清され、対象は教師や大学教授、メディア関係者まで広がっている。

トルコ政府は、米国在住の宗教家・社会運動家のフェトゥラ・ギュレン氏(75)が反乱の首謀者だと主張しており、粛清されているのはギュレン氏の支持者たちだとしている。ギュレン氏は関与を否定している。

トルコのユルドゥルム首相は、ギュレン氏が「テロ組織」を率いていると語った。同首相は国会で、「彼らを根絶やしにする」と述べた。

トルコは米国にギュレン氏の身柄引き渡しを求めている。ホワイトハウスによると、オバマ米大統領とエルドアン大統領との電話会談でも言及されたという。

ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は、身側引き渡しをめぐる判断は両国間の条約に基づいて下されると述べた。

トルコ政府のイブラヒム・カリン報道官は、米国は、確かな証拠でなくとも「疑いを根拠として」ギュレン氏を送還できるはずだと示唆した。同報道官は、「彼(ギュレン氏)がクーデター未遂に関与した強い疑いがある。したがって、根拠は十分だ」と語った。

一方、ギュレン氏は、クーデター未遂の黒幕だという主張は「ばかげている」と反発し、「米政府に対しては、政治的復讐のために送還手続きを乱用するようなことは拒否すべきだと訴えたい」と文書で述べた。

米国防総省は、アッシュ・カーター国防長官とトルコの国防相が、トルコ南部にあるインジルリク空軍基地について協議したことを明らかにした。同空軍基地は、米国主導の有志連合がシリアやイラク国内で、過激派組織「イスラム国」(IS)への空爆攻撃に使用しているが、クーデター未遂事件後、基地への電力供給が途絶えている。

トルコのメディアは、教師や教育関係者1万5200人が免職され、大学教授1577人が辞職するよう命令を受けたと報じている。このほか内務省と財務省で、それぞれ8777人と1500人の職員が解雇され、首相府で257人が免職されたという。

トルコのメディア規制機関は19日、ギュレン氏と関連があるとされたラジオとテレビ24局・チャンネルの放送免許を取り消した。

トルコではすでに、6000人以上の軍関係者と、9000人近い警察官が免職されており、約3000人の判事が停職処分を受けている。

トルコで多数の公務員らの解任・停職が行われていることは国際社会に懸念を呼び起こしており、国連はトルコに法の支配と人権擁護を訴えた。

ドイツの高官は19日、トルコに「深い断絶」が生じており、ドイツ国内に多数居住するトルコ人の社会が不安定になる懸念があると語った。バイエルン州のヨアヒム・ヘルマン内相は、「エルドアン大統領支持者と反対派の間の暴力的な対立が激化する危険性はドイツでも高まっている」と述べた。

欧州議会のマルティン・シュルツ議長は、トルコのエルドアン政権が政治的な敵と反対派に「復讐」する機会になっていると非難した。さらに同議長は、トルコで議論されている死刑制度復活について、「深く懸念している」と述べた。欧州連合(EU)は、死刑制度が復活した場合には、EU加盟の交渉は停止すると警告している。

トルコ当局の発表によると、今月15日夜に始まったクーデター未遂で232人が死亡、1541人が負傷した。

(英語記事 Turkey coup: Crackdown toll passes 45,000)


トルコでの粛清は軍や政治関係者だけでなく、大学関係者にも及んでおり、カンボジアでのポル・ポト政権を思わせるような粛清ぶりである。「トルコ・リラ、最安値更新に向かう-クーデター未遂後の粛清拡大」(2016年7月20日 Bloomberg)のニュースでは、こう書かれている。
 

「クーデター未遂後の粛清の対象は既に裁判官の6分の1余りに及び、また高等教育評議会が全国の国立・私立大学の学部長1577人に辞職を求めていると、国営トルコ・ラジオ・テレビ放送(TRT)が19日報じた。 」


兵頭氏は記事「エルドアンという狂気の正気」(2016年7月21日)の中で、猜疑心に憑りつかれたエルドアンはもはや正気を失いつつあるという見解を示しており、それが安倍晋三の明日の姿に重なると述べる。その予測はかなり正しいものであろう。なぜなら、それは独裁者が必ず陥る末期症状だからである。

キリスト教界で聖霊派と呼ばれる組織の一つであるアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に、村上密という牧師がおり、この牧師は統一教会の出身であるが、この男こそ、キリスト教界のカルト化を阻止するという名目で、教界にカルト監視機構を設立して、自らその統率者となることを夢見ていた人物である。この牧師は、その計画を発表するずっと以前から、鳴尾教会で引き起こした事件に見られるように、支持者と連携して、暗闇で不都合な反対者や政敵に圧力をかけて粛清することに血道をあげていたが、カルト監視機構設立の計画を明るみに出して以後は、その構想が誰からも公に認可されなかったにも関わらず、勝手に早々と支持者を使ってネット上に私的な形で自分の覇権を築き上げ、反対者を次々と弾圧しては裁判に訴えるという実力行使に出たのである。

同氏は当初、キリスト教界の「外のカルト」を標的にしていたのが、いつの間にか、キリスト教界の「内部の敵」の粛清へと標的がすり変わり、同氏の憎悪と恨みは、最後には、誰よりも自教団に属していた牧師や信徒に向けられることになり、さらに、敵を捏造してでも作り出すというものへと変わって行った。その頃から、筆者が当初から警告していた通り、この人間は本当に尋常な理性を捨てて、行動がおかしくなって行った。そのことは、この牧師が根拠なき疑惑だけに基づいて、次々とクリスチャンを訴えるようになり、ただ政敵に打撃を与えるためだけに、全く勝ち目のない裁判を自ら起こし続けては泥沼にはまり込んで行った様子によく表れている。

エルドアンの粛清もそうだが、粛清というのは、当初、どんなもっともらしい口実がついていたしても、一旦、始められると、歯止めが利かなくなる。猜疑心が猜疑心を呼び、弾圧それ自体が目的になって行くのである。そしてついに最後には、捏造してでも敵を作り出すことによって、粛清という商売を永遠に続けようというところまで行き着く。粛清が目的化するのである。
 
そこで、権力を掌握するまでは、安倍晋三も、自分の野望だけを頼りに生きる、出来の悪い生徒のような、平凡でありふれた普通の人間であり続けるだろう。どんなにずるくしたたかで野望が見え透いていても、出来の悪さがあらゆるところから噴出しているために、彼はぱっとしない人間の一人でしかなく、多くの人々の揶揄の対象にさえなっている。サラリーマンであれば、とうに会社からいなくなっていたはずの人物であろう。ところが、そんな人物でも、一旦、完全に権力を掌握すれば、考えられないほどまでに冷酷な人間に豹変する(本当は豹変したのではなく、本質が露呈しただけである)。そして、愚かであるがゆえに、とてつもない規模の悪事を平然と行うのであり、その冷酷無慈悲さは、誰よりも、今まで彼と共に歩いて来た側近らに向けられることになる。 
 
トルコのクーデターが、エルドアンが自ら引き起こした偽旗作戦だという指摘に立てば、本当のクーデターとは、ギュレン氏が起こしたとされるクーデター未遂事件ではなく、エルドアンの引き起こした粛清だったことになる。国内の反対派を粛清する名目を得るために、ありもしないクーデターをでっちあげて政敵に濡れ衣を着せ、不都合な人物をみな追放することが最初からの目的だったのである。だが、このような大粛清が進行すれば、国の機能はマヒする。それはエルドアン自身のためにもならない。だとすれば、それを引き起こした本当の黒幕は、エルドアンではなく、トルコの混乱と弱体化によって利益を得る外国勢力だと見るべきであろう。世界中の国々で革命やらクーデターを起こし続けて荒らしまわっているある一国の存在が浮かび上がって来ないわけがない。
 
さらに、こういう非常事態には、どさくさに紛れて、キリスト教徒が弾圧されることにならないか、様子見が必要である。イスラム教徒が悪者にされているだけではない。宗教そのものが標的とされる危険性がある。我が国でも、まるでその伏線のように、一神教への恨みつらみを述べる輩をネット上でよく見かけるようになった。一神教が脅威だと言っては多神教を賛美し、キリスト教に対する敵意を煽るやり方は戦前とそっくりである。
    
そんなきな臭さの中でポケモンGOの配信だとか、全く愚民化政策に余念がない。KFCの礼拝と同じく、これはすべて人々を思考停止に陥らせるための現実逃避なのである。これもまた米国のスパイソフトだとの指摘もある。

アウシュヴィッツに列車で連れて行かれたユダヤ人たちは、仕事に行くのだと言われて列車に乗せられ、駅に着くと、あたかもそこから出発することができるかのように、偽のプラットホームや時刻表まであったのだという。ガス室の前では、服の引換券を渡され、それが決して戻ることのできない死出の旅路への片道切符なのだということに、人々の思いが至らないように、細部まで工夫がされていた。徹底的に反乱を阻止する体制が準備されていたのである。

現在、行なわれていることもそれと同様である。あたかも存在するかのような偽の夢、偽の希望によって人々を欺きながら、死へと追いやろうとしている勢力が存在するのである。我が国も、着々とトルコと同じ末路へ近づいている。
 
きな臭さは、もはや遠くの出来事ではない。日本では、沖縄での政府による弾圧が参院選直後から早速強化された上、政府が沖縄県を提訴したのだという。現政府が、沖縄をもはや自国の一部とみなしておらず、敵のように考えていることが、これによって態度で明白にされた。

むろん、ここまで道義を失っては、この政府はもう終わりであって、こんなにまでも弱い者イジメという目的だけしか存在しない大義のない裁判には、勝敗がどうあれ、人々の理解も支援も得られない。国際社会も黙ってはいないであろう。
 
しかも、植草一秀氏が「真剣に検討するべき東日本の分離独立」の中で、自民候補が敗北した東日本の独立という問題に言及しているように、だんだん東日本だけでなく、沖縄も、そろそろ本当に、この政府から分離すべき時が近づいて来たのである。

どこから分離独立が始まるか分からないが、虐げられた人々の多い地域から順番に、日本という国が、バラバラに解体される時が近づいているのかも知れない。そして、それを食い止める手段が、政府には、中国や北朝鮮などの諸外国を「脅威」として描き出すことで、恐怖によって国内の団結を促す策と、非常事態による締め付けと、独裁しかないところまで来ている。

その作戦のお粗末さはすでに露呈してしまっているので、多分、いつまでもそのようなまやかしで人々を引き留めるのは無理であろう。さらに急速な人口減少がその求心力の低下に追い打ちをかける。

我々もこのような政府の下に残っていて何も良いことはない。本土はすでに沖縄から加害者とみなされており、恨みを買っているし、フクシマもまた東京を加害者とみなすであろう。そして、政府がモルモット扱いしているのは、沖縄だけではない。若者も使い捨てにされているし、老人も死へ追いやられている。政府は国民のために存在しておらず、自己保存のためだけにしか存在していない。支配者以外のものは、この国にもはや存在してはならないというところまで来てしまっている。

我が国の政府は、エルドアンとほとんど違いのないとこまで来ている。あとは全国民に対する職業や地位や身分を問わない無差別的な粛清が、いつ開始されるのかという秒読み段階に入っているだけである。そして、特段に注意を払うべきこととして、その弾圧は沖縄ではすでに始まっているのである。

政府の沖縄県への提訴と、高江での弾圧(「安倍政権の「沖縄潰し」本土マスコミが伝えない機動隊の暴力ー高江ヘリパッド建設問題」 2016年7月23日などを参照 )は、我が国の内乱と分裂の始まりと見ても良いのではないかと思う。そして、英国がEUからの離脱を決めたように、仮に血塗られた過程を辿ったとしても、おそらく、この分離独立の動きを阻止することは現政府にはもうできまい。それだけの大義が存在しないからである。
 
ここまで劣化してしまうと、どんなに強硬な姿勢を取っても、政府にも滅亡が確定しているということが言える。この先、いかに非常事態やら、独裁政治やらを確立したとしても、こんな政府に生き残りの可能性はなく、急速な老朽化に見舞われ、倒れるのも時間の問題である。

だが、断末魔に陥った政府が終了するまでの間にどれほどの害悪を周囲に振りまくかということが問題なのであり、貞潔な信者が、バビロンの倒壊に巻き込まれる必要はないように、束の間の利益と引き換えに魂を売って生きていない国民が、断末魔にある権力の狂気に巻き込まれなければならない理由はないのである。

筆者はKFCをエクソダスしたときのことを思い出す。神は、彼らを懸命に説得しようとしていた筆者を不思議な方法でそこから出されたのであった。その当時、その事件が何のために起きたのかまでは分からなかったが、誘われても彼らと同じ船に乗って行かなかったこと、彼らと共に後戻りできないような宣言をして神に対する罪を犯さなかったことは、筆者にとっては限りなく幸運であったことが今はよく分かるのである。

KFCを初め遠くから見た時には、筆者の目には、高みにあるように見え、輝いて見えた。そこにいる人々は敬虔な信者なのだろうと筆者は思っていた。だが、忘れられない出来事は、まだこの団体の何たるかをよく知らない頃、信者たちがDr.Lukeの仲介で結婚式を挙げていた様子をネットで遠目に見て、その出来事が、筆者の心に痛みを与えたことである。

Dr.Lukeはその信者らの結婚をキリストとエクレシアの結婚になぞらえるスピーチを晴れがましく語っていたが、本当のエクレシアは、そんな風に誰かの個人的な欲望や利益と密接に結びついた、特定の人々に限定された、特定の人間に栄光を帰するものではない、という確信が筆者にあったからである。

神がキリストの婚礼を祝うために、誰彼構わず無差別に人々を招く様子は、福音書にいくつものたとえ話で描かれている。神は一人でも多くの人々に、ご自分の喜びを惜しみなく分かち合いたいのである。だが、人々の方がこの招きに注意を払わない。そんな風に、神はご自分の喜びや、富を、可能な限り、多くの人々に分かち合おうとされるのだが、他方、Dr.Lukeの閉ざされたファンクラブも同然となっていたKFCは、神の恵みを初めから自分たちの集団だけに限定された自分たちだけの特権のように変えてしまおうとしていたのである。
 
Dr.Lukeは多分、今になっても、自分たちの特権的な「幸福」を理解しない人々は、すべて妬みや、ひがみや、やっかみに陥っているだけなのだと言っては、他者を嘲笑し、自己正当化しようとするであろうが、今だから言っておくと、その時、Dr.Lukeの仲介で結婚式を挙げた夫婦には、間もなく極めて尋常でない事件が降りかかった。

その夫婦は、この結婚式から数年後に、心臓や、目や、耳と言った、当然、あるべき臓器を持たない双子を授かり、その子供は生まれる前に亡くなったのである。信者たちは当時、むろん彼らのために同情し、子供が助かるようにとしきりに泣き、断食し、祈っていたが、筆者の心には、このような異常な出来事が、決して偶然に起きるものではない、と感じられた。

筆者は人の心を痛めないために、その確信を決して誰にも語らなかったが、今になっても、その出来事が、Dr.Lukeによってもたらされた呪いであり、この人物に対する神の怒りの激しさを表すものではないのかという疑惑が拭い去れない。

Dr.LukeとKFCが自分たちの悦楽をまるで信仰の手柄のように誇示しながら、神の名を冠して、自分たちの限定された幸福を永遠の価値のように誇っていたことが、神の御怒りを買ったのである。その子供の姿は、まるでKFCという団体そのものの不毛性を象徴しているかのようである。今でも、まさに次の御言葉が思い出されてならない。

「この民の心を肥え鈍らせ、
 その耳を遠くし、
 その目を堅く閉ざせ。
 自分の目で見、自分の耳で聞き、
 自分の心で悟り、
 立ち返って、いやされることのないために。」(イザヤ6:10)

だが、もちろん、これはすでにずっと以前に起きた事件であり、その夫婦も、その他の数多くの信者や、筆者と同じく、もはやKFCを離れ、今は全く違った人生を歩いていると聞く。これらすべての出来事から受けた警告にも関わらず、そこに依然として残ってDr.Lukeと共に自己を神として己を賛美している最も愚かな人々だけに、この先、最も大きな災いが降りかかるであろう。

そして、筆者はバビロンの倒壊に巻き込まれるつもりは全くない。だからこそ、主が、色々な方法を使って、近づいてはならない全てのものから筆者を遠ざけておられるのだと確信しているし、それを幸いに感じている。この先、我が国についても、KFCや、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団と似たようなことが起きるであろうと考えている。

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の村上密牧師は、政敵に裁判をしかけたが、ことごとく負け、今やこの牧師とペンテコステ運動の異常な理念のために、教団そのものが普通の信者たちからカルトだとささやかれるまでに信用を失っている。

おそらく、主は、今、この国において、ご自分に忠実な人々をえり分けておられるのではないか、と筆者は思う。神は、真実な民と不忠実な人々を一緒に滅ぼすことはなさらない。だから、今は過越しの時である。

そして、筆者は神を信頼している。 物騒な事件が起きれば起きるほど、その信頼はより深まって行く。天には永遠に揺るがない秩序があって、そこに生きる人々はクーデターには見舞われないからである。筆者の救いの岩は、何があっても変わらない、ご自分を信頼して身を寄せる者を決して失望させることはない永遠のお方だからである。筆者に要求されているのは、唯一のまことの神に忠実に従って生きることである。

 「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(ピリピ4:6-7)

「なぜなら、彼らは救われるために真理への愛を受け入れなかったからです。それゆえ神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り込まれます。それは、真理を信じないで、悪を喜んでいたすべての者が、さばかれるためです。」(Ⅱテサロニケ2:10-12)

 「わが民よ。この女から離れなさい。その罪にあずからないため、また、その災害を受けないためです。なぜなら、彼女の罪は積み重なって天にまで届き、神は彼女の不正を覚えておられるからです。」(黙示17:4-5

PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー