忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の義とキリストの義

「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、
 死なば多くの実を結ぶべし」(ヨハネ12:24)


「愛する人たち。自分で復讐してはいけません。
神の怒りに任せなさい。
それは、こう書いてあるからです。
「復讐はわたしのすることである。
わたしが報いをする、と主は言われる。」
もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。
渇いたなら、飲ませなさい。
そうすることによって、
あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。
悪に負けてはいけません。
かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。」(ローマ12:19-21)

人の自己が地に落ちて死ななければ、永遠に至る実は決して結ばれない。
 しかし、地に落ちるなら、そこから死を補って余りある多くの実が結ばれる。

ここで言う「死」とは、アダムの命に対する死であって、そこから復活の命が始まるのである。

「復讐はわたしのすることである」

この言葉を読むとき、神を差し置いて、人間が自分自身の力で行う復讐は、アダムの命の有限性から来る性質なのだと思う。

アダムの命に生きる人々は、自己が脅かされると、耐えられない。立ち上がって、自分の正義を主張し、自分を脅かす者たちに報復を加える。アダムの命に生きる人々は、プライドを傷つけられたと感じると、黙っておらず、徹底的に自分を傷つけた相手を辱めようとする。

そうやって、自分を脅かすものを根絶することでしか、彼らは自分の命を守れない。それは、アダムの命というもの自体が、それほどまでに、脆く、弱く、傷つきやすく、この命の持ち主を絶えざる死の恐怖で脅かしているからなのである。

他者に報復する行為でさえ、「死にたくない」という恐怖から出たものでしかない。

だが、仮に報復行為によって自分自身を脅かすものから身を守ったとしても、アダムの命が持ち主にもたらす結果は、それでも変わりなく、死だけなのである。嫌な人間を苦しめ、目の前から排除することに成功したとしても、せいぜいその効果は、ほんの少し、自分の死が遅くなる程度である。しかも、それすら確かかどうか分からない。

聖書が言うように、もし報復行為によって他者の血を流したならば、自分の血も流されることになる。他者を痛めつけたなら、自分も痛めつけられることになる。人を脅かせば、その分だけ、その脅威は自分にもやがて降りかかることになる。

そんな報復行為が、果たして望ましいものであろうか? 目指していた結果を手に入れるのに有益な措置と言えるであろうか? いや、より自分を危険にさらすだけなのではあるまいか?

だが、そのような尽きせぬ復讐心と、赦さない心を、信者を名乗っている人間でも持っていることがあり、このような人々が、暗闇の勢力に煽られて、信者に戦いをしかける。その戦いに巻き込まれると、信者は心の平安を失う。

カルト被害者救済活動は、信者を名乗っている人間が神と教会とクリスチャンから傷つけられたと主張して、教会を訴えて泥沼の争いに引き込もうとする運動である。

筆者はこの運動が間違っているだけでなく、いずれ神を敵とするであろう大変、危険な運動であることを随分、前から訴え、それゆえ、その運動の支持者たちからは敵のようにもみなされたが、彼らの訴える「人間の正義」は、いずれにしても、筆者を罪に定めることはできなかったのである。

この運動の部外者であっても、筆者によって自分のプライドが傷つけられたと思い、その腹いせに、彼らに便乗して筆者を責め、呪った「信者」たちもいるが、彼らの呪いもまた功を奏さなかった。

人に面と向かって呪われたり、破滅を宣告されるというのは、そうそうあることではないが、それでも、そういった悪魔が放つ悪意の火矢は、御言葉の壁にぶつかって、ことごとく効力を失い、へし折られ、全く恐れるに足りないものとして無効化されて、退けられるのである。

それは筆者を救った神の救いの完全性、筆者を覆う神の義のゆえである。

人間には人間の言い分が色々あるだろう。多くの人たちは、自分を傷つけた者を罪に定めるのは、正しい行為であり、正しい主張だと思っている。しかし、それらの人間を中心とした言い分は、神の小羊の流された血潮が信者にもたらす義に対して、何ら異議を申し立てる根拠とはならないのである。

石とダイヤモンドがぶつかれば、強度の高い方が無傷で残る。

それと同じように、我々がよりすがっている義の根拠の確かさが問われるのである。もし戦いを挑むなら、自分は必ず勝てると言えるだけの確固たる根拠を持っていなければ、いたずらに戦いをしかけるのは無謀である。
 
傍目には、筆者は到底、大勢の人々から圧迫されて、立おおせるような人間には見えなかったであろうが、しかし、筆者は筆者の力によっては立ち向かわず、キリストの名によって立ち向かったのである。

すると、神の命の中に隠れ、キリストの義によりすがっている者を、再び罪に定められるような者はいない、という事実が明らかになり、なおかつ、筆者が全く反撃も反論もしないでいるその間にも、不思議なことに、筆者に敵対してきた人間に、神が報復されたとしか考えられないような色々な出来事が起きたのであった。

筆者の貧しさを嘲笑していた人たちの生活が凋落した。
家族や、伴侶や、味方の多さを誇っていた人たちが、それを失った。
以前には筆者よりも健康に見えた人々が、病に落ち込んで行った。
敵対していた運動は、同士討ちによって滅びた。

そういうことはすべて筆者が全くあずかり知らないところで起き、後になってから人づてに聞かされるのが常であった。

他者の不幸をことさらに喜ぶ気はないが、それでも、人間の肉なる誇りと、人間の肉なる正義が、いかに頼りがいのない、脆いものであるかを思わされる出来事である。

誰でも、身近な人間から思いがけない攻撃に遭えば、その時には、苦しみも覚えるであろう。兄弟姉妹を名乗っている人間に裏切られたり、 自分には及びもつかない富の自慢話を延々と聞かされ、おまえは貧しい人間だから、こちらへ来るな、おれたちとは別世界の人間だと蔑まれ、見下されれば、心も痛むであろうし、惨めさも感じるであろう。

だが、そうした心の痛みの一つ一つを、全て主が覚えておられ、主は「私はあなたをそのようには見ていない。だからあの人たちの言い分は事実ではない」と言われる。そして、ご自分の主張の正しさを、信じる者の人生を通して立証されるのである。

だから、どこかで不思議などんでん返しが起きて、信者を踏みつけにして勝ち誇っていた人たちの「正義」の土台が、砂のように脆く崩れゆく瞬間を見るのである。そして、人の目には、長くは持ちこたえられないかのように見えていた信仰者の家が、流されることもなく、倒れることもなく、残るのである。

我らの神は報復される神である。それはある意味で、見えない法則でもあり、霊的な秩序を犯した者は、倒れなければならないのである。
 
神は、私をご覧になって、キリストをご覧になるように満足されて、私を子供として愛される。だから、私に対してしたことは、キリストに対してされたことと同義なのである。たとえ私がそのように思っていなかったとしても、神はそのようにとらえられ、ご自分の愛する者を瞳のように守られる。

子を侮辱するのは、親を侮辱するのと同じである。従って、神がご自分の子とされた人間を呪うことは、神の救いを否定し、神を呪うことと同義である。そのような行為が、神からの報復なしに済まされることはあり得ない。そして、そのようなことをする人々が出現するのは、その人々が神の家族ではないからであって、彼が神の家の正統な後継者でないのに、まるで後継者であるかのように振る舞い、正統な後継者を押しのけて、財産の横領を企んでいるからに他ならない。そのようにして神の家の乗っ取りをたくらんだ者たちが、したたかに打ち倒されて終わらないことはあり得ない。
 
我らの神は報復される神である。神の裁きは、人間の裁きより正しく、しかも、永遠である。そこには十字架を経た者と、そうでない者との峻厳で明確な区別がある。神の裁きの正しさと、神の報復の恐ろしさが理解できると、ちっぽけな自分の力で報復に及ぶことの無意味さも、よく分かるはずである。

神が信者の弁護者であり、神が信者のために報復されるのだ。一体、神に立ち向かうことのできる人間が、地上のどこにいようか。神に敵対してまで、信じる者を罪に定めることのできる人間がどこにいるのであろうか。そんな人間は、どこにもいない。神の永遠の秩序を犯すような、恐るべき侵犯を企てた人間は、それがどんな動機であるにせよ、したたかに打ち倒されて、跡形もなく取り去られることであろう。我らの神は侮られるような方ではない。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー