忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

愛する姉妹からの便り

数日前に、信じがたいほど幸いな出来事が一つありました。ある兄弟のブログを読み、今、重い病の床についておられる姉妹が、愛する兄弟姉妹たちのために、熱心に祈って下さっていることを知りました。それを読んで、厚かましくも、私も思い立ったのです、姉妹に祈りの協力を求めようと。

今、私が最も祈りによる防衛の盾を必要としている、とても深刻な用件について、姉妹に長いメールを送りました。すると、本当に来たのです、姉妹からのお返事が! 「おわかちありがとう。祈りますね。」 まるでそばで声を聞いているように生き生きしたお返事でした。

このお返事をいただいて、私は祈っていただいている問題についての不安を忘れ去るほどに、勇気づけられました。姉妹の祈りと信仰が、暗闇の勢力に対する大きな衝撃力となることは間違いないでしょう。

人が、土の器としての自分の弱さ、脆さを極限まで感じさせられながら、それでも信仰によって、神を見上げ、神を信頼して祈る時ほど、そこに神の力が最大限 に現される時は他にありません。極限的な弱さの中にありながら、それでも、主イエスの御名によって、隣人のために祈っておられる姉妹の姿に、私たちは、キ リスト者が兄弟姉妹たちをどのように愛し、彼らのためにどのように仕え、神にとりなし、祈るべきかの模範を見ることができます。

どうか主が直接、姉妹の労をねぎらって下さいますように。姉妹の身体を強め、心を励まし、命を守って下さいますように。主よ、姉妹が受けるべき報償を豊かに増し加えて下さい!

(注:この姉妹は間もなく天に召された。これはその最後のひと時に送った祈りのリクエストであったが、当ブログの信仰の証に対する暗闇の勢力からの攻撃と妨害に対する防衛のための祈りの支援でもあった。)
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー