忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

幸いなニュース

今日、ある小さな教会に行き、そこで一つの幸いなニュースを聞きました。クリスチャンたちがお見舞いに行ったとき、病床に伏しておられる姉妹が、声に出して、短い言葉を語られたというのです。病のために、言葉を発するのはもう無理かと思われたのに、主は驚くべき御業をなして下さったのです。

このような話を聞くとき、神は私たちの弱いところにこそ、働いておられる方なのだと勇気づけられます。
 
まことに、主こそ、私たちの全ての必要を満たし、私たちを養って下さる方です。人は誰が人を救いえましょうか。人が私たちを苦しめ、利用し、蔑み、捨てていくような時、れでも、望みを捨てず、神を待ち望むなら、神は私たちの信仰を通じて、ご自身を現し、光となって、私たちの内から輝き出て下さるのです。

主よ、私は無知であり、無力です。暗闇のうちで、光の子として、どう振舞えばよいのか分かりません。主よ、どうか私を清めて下さり、暗闇を愛する者たちのさまざまな策略から、私を救って下さい。

信心深い様子をし、口では神を愛すると言いながら、不義と暗闇のうちを歩んでいる人がもしもいるならば、何も起こらない前に、その人を包囲して、悪事をことごとく明るみに出して下さい。

主よ、あなたが守って下さるならば、私は力を得て、生きながらえ、幸福な者と呼ばれるでしょう、暗闇の策略を打ち砕く者となり、そして、あなたに栄光を帰することができるでしょう。私はあなたが助け主であられることを信じています。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー