忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

E姉妹への感謝のことば

E姉妹の昇天に際して

 いな出会いを主に感謝したい。姉妹が召されたことを聞いても、私の心には悲しみはない。それは私が姉妹の召天が、負うべき十字架を見事に負った上での凱旋であると信じているからだ。

むろん、この地上では様々な悩みや、信仰の紆余曲折もあったことと思う。しかし、生涯の終わりに、主は彼女の人生が明るく輝くように、すべての問題にふさわしい答えを、光をお与え下さったのではないかと思っている。

もちろん、親しかった方々が、深く悲しむのは当然のことであり、私の言葉が不謹慎に聞こえたとすれば、申し訳なく思う。けれども、振り返って私が驚くことには、病の床にあって、姉妹は何と主に豊かに用いられたことだろうか、ということだ。

何と多くの人たちが姉妹のもとへ導かれ、何と多くの人たちが、日々、彼女に励まされたろう、それによって、彼女が兄弟姉妹からどれほど愛されているかを誰もが知ることができた。また、この私にも、姉妹はキリストを通じて、多くの恵みを届けて下さった。

職場から、研修の合間に、私は携帯から何度もメールを打った。「もう夜ですね」、「今日もまだ私は研修中です」、「今日もまたテストです」、そんな内容ばかりだった。慣れない勤務でたまった疲労のため、頭がぼーっとなって、読むに値する確かな内容は書けなかった。けれども、姉妹から送られてきた絵文字メールは、読み返す度ににっこり笑った。「ちゃんと読んでるよ!」と、言ってくれているようで、本当に嬉しかった。

姉妹が召される一日前にお見舞いに行かれた方が、「ヴィオロンさんの話をしたら、笑っておられましたよ」と伝えてくれた。このようなことで、私が喜んでいるのは、まことに手前勝手な話かも知れない。

しかし、彼女が私に届けてくれた恵みの豊かさを、喜びの大きさを、私は感謝とともにぜひここに言い表しておきたい。私は彼女に出会えたこと、多くの困難にも関わらず、心を通い合わせることができたこと、また、彼女自身が誰よりも大変なはずの時に、私の困難のた めに彼女が祈ってくれたことなどを、本当に心から嬉しく思っているし、彼女の労に、天で豊かな報いがあるようにと願います(それを信じています)。

その 苦しみの大きさにも関わらず、何という幸いな時を、姉妹は最期に過ごされたのだろうか。しかも、主は最後に彼女に「声」を返してくださったのだ。

キリストを伝える手段とは、決して耳で聞こえる声、目に見える言葉や文字だけではない。弱さの中にある時に、彼女の存在そのものが、キリストの証となった。 彼女のうちでキリストが豊かに働かれた。人生においてこのような時間を過ごすことができた人はまことに幸いだと私は思う。

E姉妹、心からありがとう。今度は私たちは主の御許で会うのですね。キリストが御血をとおして造られて、あなたが私よりも先に通って行かれたその道を、私もこれから歩んで行きます。

PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー