忍者ブログ

私ではなくキリストⅣ

「私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストと共に十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:19-20)

主を誉めたたえる

話の続きはひとまず置いて、今はただ、主を誉めたたえたい。
主を誉めたたえることこそ、私の力だからだ。

暗闇の中でも、困難の中でも、
私は主がどのようなお方であるかを告白する。
それは、主が聖徒の信仰を通じて、
全ての状況を貫いて、働いて下さると信じているからだ。

主はあわれみ深い方。
どんなに愛情深い親でも、
主ほどの細心の注意を払って私を慈しむことはできない。
主は光なるお方。
どんな暗闇も、この方の前では、立ちおおせない。

主は永遠に富んでおられる方。
たとえ私の置かれた状況がどれほど貧しく見えようとも、
主はその満ち満ちた豊かさで、私を確かに養ってくださる。

主は栄光に包まれている方。
主イエスが私たちを御座に引き上げて下さったので、
私たちは、キリストと共に栄光を受け継ぐ者とされた。

私たちの栄光とは、キリストが地上で低くされたように、
今、神の御前に、自分が低くされるところにある。
私たちの勝利は、ただキリストの十字架にある。
だから、黙って、十字架の死へと赴こう。

弱さの只中にあって、私は神を待ち望む。
ただ、黙って、主を待ち望む。
私にとっての解決は、神ご自身だけだから。

主の与えて下さる解決には、遅いということはない。
だから、日々の荒波の中で、目を天に上げ、安んじて主を待とう。
どうぞ、主よ、速やかに届いてください、私を取り巻く全ての状況に。

そして、あなたが確かにおられること、
あなたが今日も生きて働らかれること、
あなたが私の助け主であられ、
私の保護者であられ、
大能の主権者、私の主、王の王であられることを、
何人も否定できないほどに、はっきりとお示し下さい。

それを見て世は知るでしょう、
あなたが、あなたを信じる者を決してお見捨てにならないこと、
あなたこそ私の主であり、私はどんな時にも、一人ぼっちではないこと。

主よ、私は信じています、あなたの恵みの豊かさを。
あなたの憐れみの深さを。
あなたの私への愛の確かさを。

あなたが人と共に住んで下さる神であることを、
あなたの幕屋とされることの幸いを、
私が生涯を通して、さらに深く、味わい知ることができますように。

主を待ち望む者は、失望に終わることはないのです。
ただあなたを待ち望むことによって、私は新しい力を得るのです。

主よ、あなたを誉めたたえます。
あなたの栄光を、あなたの御力を、あなたの勝利を誉めたたえます。
PR

ひとこと

神である主、イスラエルの聖なる方は、こう仰せられる。「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る。」(イザヤ30:15)

ヴィオロンのブログ

最新記事

アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー